FC2ブログ

『隷獣 2』 26 人間やめるってことになりかねないな

前回はこちらへ

 丸太のせいでそのまま後ろに倒れそうになりますが、天井から吊り下げてくれたので、重みはそのままですが、倒れることだけはなくなりました。
 隣のパイプにはわたしのよりも長いものが取り付けられています。鬼丘がそこにもたっぷり薬を塗りつけました。
 佐恵は、拘束を解かれて、誰の手も借りず、それをお尻に入れていきます。
「はあああ」
 指先でクリトリスを擦り上げて、オナニーでもするように、どんどん体の中へと入れていくのです。
「さすがだな」
 鬼丘が関心しています。
「何度もイクんだろう」
 とろんとした目で鬼丘をみつめて、佐恵はうなずくのです。いやらしい体は自慢なのでしょう。
 すらりと足を自分から伸ばして、土間にぺったりと座りました。彼女の場合はあまりにも長いものを呑み込んだので、それに支えられているかのように倒れることはなさそうです。あの長さなら先端は胸の下まできているのではないでしょうか。
 よく見ると痩せた腹を異物が古傷のように盛り上がって見えています。
 鬼丘はそれを撫でて、指で確認しています。
「うまいもんだ。かなり鍛えているな」
 そのとき、「おう」と声がして、小屋の入り口に知らない男が立っていました。顔中ヒゲだらけで山のぼりのようなかっこうをしています。リュックを降ろしました。
「早かったな」と鬼丘が声をかけます。「こいつは望月だ。望月孝夫。まあ、わしの一番弟子だな」
 望月は薦田に挨拶し、名刺を渡しました。
「フォトグラファー。カメラマンですか」
「ま、表向きはね」と笑います。肌は焼けています。真っ白で大きな歯が光ります。かっこいい人と言っていいでしょう。好きなことだけしているうらやましい人にも見えます。
 わたしたちのことを一通り鬼丘が説明してくれました。
「有望そうな牝が2匹も来てくれて、そりゃ、うれしいけど、喜んでばかりもいられないんだ」
「なにか耳に入っているか?」
「いくつかね。日義(ひぎ)の連中が動いているのは間違いないですよ」
「よりによって日義か……」
「ほかに、纐纈(こうけち)たちも」
「まだ生きていたのか」
 鬼丘は薦田に説明しています。
「日義の一族はおれたちのような平和的なシン信仰の一派から分離した。いわば過激派、急進派だな。自分たちの繁栄だけを考えて体制の犬に成り下がりやがった。シンを冒涜して平気でいるやつらだ」
「あうううう」と佐恵が声を上げました。
 わたしもお尻が焼けるように熱くなっていて、汗が噴き出しています。この薬、傷薬ではないのです。
「日義たちの言っていることは現代的なんだが、まったく信用できない。体制に媚びる。力のあるやつとなら節操なく組む」
 表向きは人権尊重、売春防止、女性の権利保護などをうたっているらしいのですが、秘木を独占し、古くて頑固なシン派を崩壊させようと企んでいるのだとか。
「おれたちは独占したいとか制覇したいとか、権力を得たいといった欲はない。ただ伝統を守り、昔の考えをできるだけ後世に伝えたい。それだけなんだがな」と鬼丘は寂しげに言います。
「あううううう」と佐恵が叫びました。激しいアクメに悶えています。開いた股間から透明な液体をビュッと噴き上げました。
「ひぃぃぃぃ、ひぃぃぃ」
 わたしも、熱さが子宮までジンジンと響いてきて、もしかすると生まれてはじめてのすごいアクメがやってきそうな予感に、涎を垂らしながらだらしなくなっていました。佐恵の悲鳴のようなよがり声に、体が反応しているのです。
 重い丸太のおかげで、なんとか正気を保っています。でも、その苦しみさえもが、快楽のスパイスになっているような気がしてきました。
「ぐひいいい、豪太っ」
 思わず叫んでいました。
「どうした!」
 豪太はびっくりしています。
「大丈夫だ。いまこの2頭は、これまで経験したことのないような悦楽に浸っているのだ」と鬼丘が説明しました。
「ヤバイ薬じゃないよな?」
「ハハハ。ヤバイ、か。確かにね。これを常用するようになれば、人間やめるってことになりかねないな。中身は秘密だ。昔からの作り方で、すべて天然の素材でできている。2頭にはこの悦楽が必要だからな」
「纐纈って、なんなんですか」
 薦田は佐恵の様子も気になるようですが、好奇心のほうが強いようです。
「纐纈たちは、信仰心などはまったくない。カネの亡者たちだ。江戸時代に作られた秘木ハンターたちが、幕府と密約でつくった組合があってな。そのなれの果てだ。太平洋戦争中までは活動していたが、戦後になって絶滅したと言われていた。どこかに隠れていたのかな」
 戦後はその活動も非合法となり、彼らを守る者もいなくなってしまい、組合は解散。証拠をすべて隠滅し、一般市民として生き、そして死んでいったようです。
「もっとも、戦後の赤線や青線でも、秘木の欠けらを売っている連中がいたらしいからな。そいつらの子孫かもしれん。時代が変わりすぎて、いまさら子に伝える気にもならんと思うが……」
「赤線青線って?」と豪太。
「60年も前の話だよ。昭和33年の売春防止法ができるまでは、政府公認の売春があったんだ。それが赤線。非公認が青線。どっちもいまはない」


小説(官能小説) ブログランキングへ

★隷獣 郁美モノローグ版★
隷獣
Kindle版はこちらへ
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
女子大生がケモノとして飼育される 山ガールを楽しんでいた郁美は、同級生の有希恵に「隷獣」としての素質を見出され、山小屋でケモノに堕ちるための調教を受けるのだった……。伝奇SM小説『隷獣』は、郁美のモノローグに書き改められ、ブログにはない結末が追加されています。


★妹は鬼畜系★
RJ106932_img_sam
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
義理の妹に調教される兄「ぼく」。義妹のケイに、さらに義母に調教される。男の娘として男性たちのオモチャに、トーチャー・クラブの生け贄として拷問へとエスカレートしていく。コメディ要素あり。



今日のSMシーン
義母輪姦レ○プ 息子の友人たちに性処理ペットとして姦される若い母 古川いおり
義母輪姦レ○プ 息子の友人たちに性処理ペットとして姦される若い母 古川いおり

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

おじさんと私の関係

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女志願

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・M男・露出狂研究所

ネこトこネこ

女性への奉仕ブログ 〜ある紳士の体験話〜

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年4月30日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 淫虐の楽園
木曜日・金曜日
 シェアしてください
土曜日
 告白シリーズ またはコラム
日曜日
 眞木様と……。またはコラム
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)またはコラム
 土・日・月は休止の場合あり


「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、ツイッターをフォローいただければ幸いです。
 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。
 ※ツイッターを休止・停止しているときは、FBページ「荒縄工房 電子書籍部」でお知らせしています。



 SM研究室は、バックアップ用です。

「荒縄工房」全作品リスト


●刊行作品についての解説・目次などは、
荒縄工房 オリジナルSM小説の世界をご参照ください。

バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロのないブログ。こっそりと。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です