FC2ブログ

堕ちる AとV 99 水絵は生きるつもりだ。諦めていない。

前回はこちらへ

「入れてやれ。おまえの小便で、傷口を洗ってやればいい。ハハハ」と小男は膣口に指を入れて、奥まで入るようにしてやった。
 到着してまだ建物に入る前に、これだけのことをされた萌子と水絵には、絶望しかなかった。治療はウソだった。廃棄されたのだ。もう東も迎えには来ないし、大川部長も自分たちのことなど忘れてしまうだろう。
 堕ちるところまで堕ちたと思った萌子だったが、その下にはまだ地獄があったのだ。美しく死んでいくことなど、堕ち続ける自分たちには夢でしかなかったのだ。
「ひひひ。ここにふさわしいニオイをつけてやる」
 萌子は奥の奥まで染み込んでくる小便の痛みに震え、泣き叫んだ。
 ここで死ぬことになるのだ、と感じた。
「おまえたちの傷を治すのは簡単だが、そんなことをしても、楽しくないからな」
 小男は甲高い声で叫ぶ。
「おまえたちには、そんな快楽にふけった罰をたっぷり受けてもらう。二度とこんなことはしたくないと思うまでな」
 なにを言っているのか、萌子にも水絵にもよくわからなかった。
「おまえらの腐った魂を治さない限り、体を治しても意味がないからさ!」
 1メートルもない短い一本鞭を手にした小男に尻や背をぶちのめされながら、萌子と水絵は建物の裏手へと追い立てられた。
 首の後ろで手を組んで手錠をかけられ、両足首に枷とチェーンがつけられた。そのチェーンは水絵と萌子をつないでもいた。
 汚れた体のまま、裏手へ行くと、粗末な小屋があった。屋根はトタン葺き。壁は三方向にあるものの、表側は丸太や廃材で作られた柵だけ。乾いた砂が撒かれ、枯れ草の束がその上に散っている。
「いいだろう。急いで作ったんだ。おまえたちの小屋だよ」
 情けなくて萌子は泣きだした。本当に人間扱いされなくなるのだ。なにをされてもいいが、治療ぐらいはしてくれると期待していたのがバカだった。
「大川さんには約束したけど、あの人、滅多にここに来ないし。来たときにおまえたちがこんな風になっていても、怒らない人だよ」などとうそぶく。
 ろくな抵抗はできぬまま、水絵と萌子は別々に小屋に入れられた。高い平均台のように組まれた木の柵に挟まられるように、それぞれに入れられる。小屋はそれなりに広いが、2人には自由に動くことは許されない。
 四つん這いにされて、体の左右にある柵に肩や太ももをベルトで留められてしまった。
 さらに彼らは柵と柵に細い板を通していく。顎の下に一枚。腹部に一枚。これにもたれると、少しは楽なのだが、姿勢を変えることはできなくなってしまった。
「この板はおまえたちの食卓にもなるんだ。便利だろ」と小男は顎の下にわたされた板を軽く叩く。
「水をやろう」
 薄い金属の皿が置かれ、ペットボトルの水が注がれた。
「飲め」
 犬とは口の構造が違う。そのような姿勢では満足に飲めないのだが、萌子も水絵も顔を傾けて首をのばし、必死に飲んだ。
「そうだ。いい子だ」
 沖中と柾木が、遠くからもプンと臭うバケツと柄杓を持ってやってきた。
 水絵も萌子もそれを見つめながら、必死で水を飲んだ。久しぶりにちゃんとしたものを口にしている。この奇跡を台無しにされたくなかった。
「メシだよ」
 2人はそんな彼女たちの淡い期待を踏み潰すように、柄杓でバケツの中身をすくって、その皿にどんと置いた。
 酷い臭いがする。それは腐敗のはじまった食べ残しだった。見た目は嘔吐物のようだった。彼らはその臭いが気にならないのか、ヘラヘラしているが、小男は露骨に鼻をつまむ。
「ブタの食い物だ。残飯だ。手なんて使うなよ」
「食えよ」
 腹はすいていた。店でも食べ物はくれなかった。輪姦され拷問され、口にしたものは男たちのザーメンばかり。ここに到着して得たのは小便だけで、いまやっと水を飲めたのだ。
 水絵のお腹が鳴った。萌子も飢えていた。しかし、口を開いたものの、それ以上は近づけない。強烈な臭いに顔を背けてしまう。
 萌子はこのまま飢え死してもいいと思った。ところが隣からぺちゃぺちゃと音がする。びっくりして見ると、水絵は目をつぶりながら残飯を口に入れているのだ。
 すごい。水絵は生きるつもりだ。諦めていない。
 快楽に対する人並みはずれた欲望が水絵をここまで連れてきたとしたら、その欲望のままにブタとして生きるつもりなのかもしれない。
 そのあまりにも強すぎる意志に、萌子は驚き、軽蔑した。
 萌子の気持ちが伝わったのか、水絵はモグモグと噛みしめながら、萌子を見た。唇の端からおぞましい麺類の端のようなものが飛び出している。それをスルッと吸い、微笑んだ。
「うううううう」
 そんなことはできない、と萌子は思った。水絵のようにはできない。こんな状況なのに天使のように微笑むなんて、ムリだ……。
「食べないブタにはこれがあるぞ」
 小男が、大きな注射器のようなものを持って来た。先端は尖っているが穴は大きい。
「餌付けだ」
 その先端にゴムホースが取り付けられる。
「口を開けろ」
 萌子は首をふってイヤイヤをしている。
「生意気だな。やれ」
 命じられて沖中と柾木は、萌子の頭を押さえつける。沖中は背後から、左右の柵の上に乗って。柾木は正面から。萌子は顎の下の板に押さえつけるようにされて、苦しむ。
「これをつけてやれ」
 小男から渡された金具を萌子の口にねじ込んでくる。抵抗すれば歯が折られそうな勢いに負けて、金具の一部を入れてしまうと、それをテコにして彼らの指が入り込み、気づけば開口器を取り付けられていた。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★お嬢様はドM 第一部★
お嬢様1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
少しドジなお嬢様・丸木戸恵梨香(20歳)がマゾの衝動にかられてじわじわと屈辱的な「ドMのゴキ」となっていきます。ブログ公開版に未発表の2エピソード追加。



★お嬢様はドM 第二部★
お嬢様1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
お嬢様として育てられた恵梨香は、M性に目覚め執事の息子の遠隔調教を受けることに。執事夫妻、代理として屋敷に入り込んだ男、巨根の運転手、そして調教のプロたちから日夜、心身の限界まで責められていく。さらに大学の友人たち、婿候補の子息たちにも……。 未公表部分追加。



今日のSMシーン
女に虐められる女たち3 S女M女 同性調教秘宝館
女に虐められる女たち3 S女M女 同性調教秘宝館


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女調教部屋~体験調教承ります~

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年10月16日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 お尻をオモチャにしてください
木曜日・金曜日
 君の泣き顔が見たい
土曜日・日曜日
 メロー・マッドネス
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「百恵と丸夫の変態の友」
 または「コラム」
 月は休止の場合あり


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

ツイッター
「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、tツイッターをフォローいただければ幸いです。

 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。


FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 ツイッターを休止・停止しているときは、このFBページでお知らせしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です