FC2ブログ

堕ちる AとV 101 萌子様のこと、好きです。たまらなく好きです。

前回はこちらへ

「あん、熱いっ、ひっ」
 水絵の悲鳴が響き、萌子のうなり声が漂う。その反応に男たちはうれしくなっている。
 2匹の背中はたちまち蝋涙で彩られていく。
 目的は蝋でコーティングすることではなく、そこにロウソクを立てることだった。
「何本、立てられるか、競争だぞ」と小男がけしかけるので、参加している5人の患者たちは、2匹の背中をロウソクの炎で飾り立てていく。
「萌子の背中は12本、水絵は10本か。まあまあ、いいんじゃないか」と小男もはしゃぐ。
「なかなかいい光景だが、ここでは撮影禁止だ。おまえたちの最期を残しておくのもいいが、危険だしな」
 最期……。
 萌子はやはりここで死ぬのだとわかったのだが、前ほどそれを残念だとは思わなくなってきていた。ここに来て半日ほどの間に、乳房に串を穿たれて、汚物を飲み込まされ、膣の粘膜にはタバスコ、ハバネロが塗り込まれて焼け爛れたようになっているはずだ。
「動くなよ。ロウソクを倒した方にうんと厳しい罰をくれてやる」
 しばらく萌子は耐えた。水絵も「ううう」とうなりながら耐えているようだ。
「萌子。退屈か? おれたちは退屈だ。これを塗ってやろう」
 小男は「DEATH」の文字が、ドクロの上に書かれた小瓶を男たちに渡した。ドクロの下にはメラメラと燃える炎が描かれている。市販されているソースの中では、もっとも辛いと言われているものだ。
「ブートジョロキア入りだぞ。フライドチキンにかけるとうまいが、ほんの1滴でもタバスコ1本分ぐらいの衝撃だけどな」
 そんなものを傷ついた粘膜にかけられたらどうなるか。
 ちょっとでも動けばロウソクは倒れてしまうだろう。それでなくても、熱蝋が溶岩のように重なって、背中全体が焼けるように熱く、震えが止まらないのだ。体はロウソクを振り落としたくてしょうがない。それを我慢しているのである。
「たっぷり入れてやれ」
 突き刺さった器具は粘膜の中に埋没しており、瓶を振りかければ、強烈な刺激物が粘膜を直撃する。
 最初は萌子は耐えた。数滴、粘膜を焼き付くというよりも、金属の棒かなにかで、粘膜を突き刺して、さらに捻っているような激烈な痛みに、悲鳴さえも出ない。
 ところが男たちは限度を知らず、瓶を空にするほど振りかけ続けた。
「うわっ」とむしろその強烈な唐辛子が大気中に漂って、目や鼻を刺激して男たちが遠ざかるほどだった。
「ぐうがううううううっ!」
 膣内を焼き尽くすような激しい痛みに、萌子はとうとう動いてしまった。左右の柵がギシッと鳴り、背中のロウソクは一度にすべて倒れた。その炎は消えず、固まりかけた蝋を溶かしていく。その新たな熱さに、萌子は狂ったように暴れた。
 怖ろしいことに、腹を抱えて笑っていた彼らは、突然、興味を失って建物に戻っていくのだった。
「メシの時間なんだ」と小男は言って、彼らと建物へ入っていってしまった。
 冷たい風が流れている。あたりは薄暗くなってきた。
「萌子様、大丈夫?」
 返事のできない萌子は、汗が冷たくなっていくのを感じながら、水絵を見た。
 水絵は1本もロウソクを倒さずに耐えたが、いまでは背中の上を小さな炎が直接、いくつか燃えており、火傷を悪化させている。それもやがて消えていくのだろう。
「萌子様のは全部、消えたみたいだよ」
 自分で見ることはできない。倒したために、早く消えたのかもしれない。ただ、体は熱いままだ。
「開口器を外してくれなかったんだね」
 しゃべることができなかった。
「わたしたち、ここで殺されるね、きっと」
 水絵も同じことを思っていたのだろう。
「萌子様に飽きたら、今度はわたしがやられるね。もしかしたら、話ができるのはこれが最後かもしれないから、聞いてね」
 萌子は苦しみの中で水絵の声を聞いた。
「萌子様がアパートに来てくれたとき、うれしかった。ホントよ。会社じゃ冷たいし。だけど気にしてくれていたんだって」
 風はしだいに湿り気を帯びてきた。屋根の穴や隙間を風が通ると、悲しげな音がした。
「わたしと一緒にエッチなことをしたとき、すごく感じたし、いつまでもこうしていたいって思った。ホントよ」
 急速に暗くなった。水絵の背中のロウソクも消えてしまった。
「萌子様のこと、好きです。たまらなく好きです。だから一緒に死ねるならわたしは幸せ。言いたいことはそれだけ」
 そして水絵は「はー」と長いため息をつくと、「すごく感じてきちゃった」と言い、甘い声をあげはじめた。それは器具か手でも使ってオナニーをしているのかと思うほどだったが、水絵は四つん這いで両側を柵ではさまれるようにして縛り付けられている。萌子と同じだ。それでいて、水絵は体をくねらせて、オーガスムに浸っていた。
「不思議、でしょ? わたし、思うだけで、感じるの。そんな体に、なっちゃったの」
 何度も何度も逝く彼女は、演技とは思えなかった。本気なのだと萌子は思った。もしそうなら、体がそうなったのではない。脳がそうなったのだと萌子は思った。快楽物質を自分の意思で出せるようになったに違いなかった。もちろん、このような絶望的なシチュエーションと全身を包み込む強烈な苦痛があって、はじめてそれは得られるのだろう。
 いわば、パブロフの犬だ、と萌子は想像した。条件反射。
 もし水絵のような脳になれたなら、強烈な苦痛の中でも、悦楽に浸って死ねるかもしれない。
 ぜひ、そうなりたいと思った。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★小説『堕ちる 明日菜編01+』★
堕ちる明日菜01
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
自虐趣味が大変なことに 「SM研究室」の人気連載「「自虐者・明日菜の真性必罰日記」全編、そして連載中の「小説 堕ちる 明日菜編」を+(プラス)。全編加筆修正しました。お下劣で過激な一人遊びから始まって性社畜へと堕ちていきます。843ページ。


★小説『堕ちる 明日菜編02+』★
asuna02100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
自虐者・明日菜の続編です。「小説 堕ちる 明日菜編02」と「明日菜の夏休み・冬休み」を収録。全編加筆修正しました。過激な一人遊びや、性社畜へと堕ちた明日菜の行方をお楽しみください。


★『自虐姉』★
jigyakuane100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
姉のミサは自虐癖が強く、恥ずかしいことや痛いことが大好き。心配しながらもそんなミサを欲望のままに使い倒す弟。念願の2人暮らしはやり放題の危ない日々に。やがてアパートの住人たちを巻き込んでいきます。


今日のSMシーン
女体拷問研究所 DEVIL PRODUCTION 人妻解剖実験の残酷 佐々木あき
女体拷問研究所 DEVIL PRODUCTION 人妻解剖実験の残酷 佐々木あき




テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女調教部屋~体験調教承ります~

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年10月16日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 お尻をオモチャにしてください
木曜日・金曜日
 君の泣き顔が見たい
土曜日・日曜日
 メロー・マッドネス
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「百恵と丸夫の変態の友」
 または「コラム」
 月は休止の場合あり


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

ツイッター
「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、tツイッターをフォローいただければ幸いです。

 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。


FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 ツイッターを休止・停止しているときは、このFBページでお知らせしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です