FC2ブログ

くされ作家のクズ箱 その18 道具立て(2) 道具に込められた思い

前回はこちらへ

 くされ作家の戯れ言ですが──。連休中、3日連続でお届けいたします。その2回目。あんぷらぐど(荒縄工房)。

 たとえば支配する・される話は一般的な文学でよく見られるもので、とりたててSM小説ではなくても、SM的な要素がある。しかし、そうした作品では道具立てへのこだわりは薄い。せいぜいなにか1つ、象徴的な道具を登場させるだけだろう。
 一方、SM小説では、ありとあらゆる道具が登場し、それをどう用いるかがひとつの性愛表現になっている点が大きな特徴だと思うのだ。
 古くは、ロウソクと鞭。さらに浣腸。縄をはじめとした拘束具が、このジャンルを象徴し多くの人達の共通認識となっている。
 結果的に、SM小説をほかの小説と区別しているのは、このいわば「道具立て」ということになる。

 では、道具立てさえ整えばSM小説なのか。ロウソクと鞭と浣腸が使用されればSM小説なのか。逆は成立しないと私は思っている。SM小説の特徴は道具にある。だけど、道具があればSM小説になるわけではない。
 そこだけは、性愛の深淵を覗き込む小説としてのSM小説という面を外すわけにはいかない。恋愛要素をあまり強調せず、むしろ道具立てを強調している私であるが、それだけでは足りないことも明らかなのである。
 かつて映画で「カーチェイス」がもてはやされた時代があった。主に1970年代だと思うけど、古くから映画のメインは追いかけっこにあった。動く写真として、追う警官、逃げるコメディアンといったシチュエーションは映画の歴史の初期からあった。無声映画の時代には西部劇などで馬や馬車による追いかけっこがあり、そこに汽車や自動車が加わる。
 その伝統は「マッドマックス」や「ワイルド・スピード」シリーズに受け継がれているけれど、こうした映画を「カーチェイス映画」と認識するのは、70年代を生きてきた人たちぐらいのものだろう。
 カーチェイスというからには、クルマが不可欠で、その道具立てによって成立してしまう映画であり、実際に粗悪なカーチェイス映画もあったのは事実だし、パロディ化されていったのも事実(『ブルース・ブラザース』のチェイスシーンはパロディとして典型的)。
 それなのに、いまだにカーチェイスといえば『ブリット』や『フレンチコネクション』に言及されるのは、それらがカーチェイスのおもしろさを教えてくれたきっかけになったからだけではなく、物語の中で必然的に起きるチェイスだったからだ。つまり道具立てと物語がしっかり融和していたからだ。偶然だがどちらも刑事の執念と怒りを観客にはっきり見せつけるためのチェイスになっている。感情表現として道具を使っているのだ。

 このように、SM小説を道具立てからだけで規定してしまうと、ロウソクと鞭と緊縛があればいいことになってしまい、クルマが猛スピードで走りまわってクラッシュすればいい、というのと同じになっていく。もちろんパロディやコメディとしてならいいのだが、そうでない場合はあまり楽しめない作品になっていくだろう。
 これを乗り越えるためには、原点としての性愛の質や量を見直す必要がありそうだ。
 延々と人類がその歴史と文化を積み重ねては破壊し、また積み重ねてきたにもかかわらず、わずか百年に満たない寿命の中で、個々の性愛の深淵は常に「不可思議」であり続けてきた。
 小説を書くにあたっては、まずそこを物語の主軸に据える必要がある。
 人と人のつながりを表す愛情も、性的な側面となると多かれ少なかれ、暴力的な言葉、行動、表現がつきまとう。
 衝動に突き動かされたときの人間は、多かれ少なかれ日常から逸脱する。愛と憎しみが裏表のように心を突き動かし、性衝動と快楽の記憶がそこに燃料を注ぎ込む。
 だから、ときには手に負えないほどエスカレートしていく。
 その野性の一端が加虐性や被虐性に結びつくことで、常軌を逸した性愛行動に向かっていく。
 現実社会では、身も心も傷つけるような激しい性愛は、道徳的にも法律的にも受け入れられられなくなっているのはわかっている。DVやストーカー、レ・イ・プは犯罪である。
 ところが人間は犯罪を軽々と乗り越えていく。高いフェンスを作っても、穴をあけて突破する。
 作品には、いわゆる恋愛からはほど遠い、このような逸脱した性愛もあってもいい。逸脱を理解せずに、正常な道を理解できない。
 温めたミルクのように、穏やかで濃厚な愛情も一つの理想ではあるけれど、時には激辛の担々麺を食べたくなるのが人間である。
 一方的に愛している相手が悶絶する姿が見たくて、いつものインスタントラーメンにタバスコをたっぷり入れて出す……。ちょっとしたイタズラのようでいて、明らかにこの行為はSM小説につながる気持ちを、ラーメンとタバスコという道具立てによって表現している行為だ。同じことを、嫌いな上司にもできるだろうか? 愛情関係なく? または赤の他人に?
 こうしてSM小説につながる気持ちが、道具立てと結びついたときに、明確な表現となって読者に伝わっていくだろう。
 
 非日常な性愛をわかりやすく描くために、SM小説では道具立てを重視する。
 道具は人間の行動を規定する。悪い喩えだが「金槌しか知らない者は、なんでも釘に見える」といった表現がある。
 衝動的に鞭を使うためには、予め鞭を用意しなければならず、どうして鞭が手元にあるかといえば、いつかそれを使ってみたいと夢みたからに違いない。このときに相手の合意は不要だし、いわゆる恋愛とも違う方向に向かっているのだが……。
 いざとなれば強烈な一撃となり得る一本鞭を手にすれば、いつか思いきりぶちのめしたいと思うようになる。フェラーリを入手したら時速三百キロを出したいと思うようになる。はじめて電動ドリルを手にしたら、いろんなところに穴を開けたくなる。
 道具を使う快楽は、人を日常から用意に逸脱させる。思わずアクセルを踏み込んでしまうように。
 現実では犯罪だが、もしできることならやってみたい……。そういう思いは大多数の人が抱いている。
 これは恋愛とはかなり遠い感情だ。人と道具の間に生まれる愛情ととらえることはできるけども。つづく


小説(官能小説) ブログランキングへ


★小説「亜由美」第一部★
亜由美第一部

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
女子大生となったばかりの亜由美。剛介との出会いから、自らのマゾ願望がいっきに開花。理不尽な辱め、処女喪失、輪姦からはじまってタップリ、被虐を味わうことになります。



★小説『亜由美』第二部★
ayu02

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
メス豚女子大生となった亜由美への本格的な調教が繰り広げられます。大学でも便所でも商店街でも……。苦悶と快楽が彼女の日課になっていきます。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
拘束×くすぐり拷問×HOM【ハンドオーバーマウス】
拘束×くすぐり拷問×HOM【ハンドオーバーマウス】




テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女調教部屋~体験調教承ります~

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年10月16日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 お尻をオモチャにしてください
木曜日・金曜日
 君の泣き顔が見たい
土曜日・日曜日
 メロー・マッドネス
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「百恵と丸夫の変態の友」
 または「コラム」
 月は休止の場合あり


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

ツイッター
「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、tツイッターをフォローいただければ幸いです。

 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。


FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 ツイッターを休止・停止しているときは、このFBページでお知らせしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です