FC2ブログ

『隷獣 2』 62 恐怖のニオイとでもいうものが漂っています

前回はこちらへ

 しゃがんだ姿勢のまま、背中で固定された腕にチェーンが取り付けられて、宙吊りになっていました。
 目が薄暗い光に慣れてくると、そこはあの四姉妹のいた工場を思わせる空間でした。ただ、もっと広く天井も高いのです。
 なにかの倉庫です。ホコリっぽい臭いがします。
 そこにはいくつもの影が、吊されていました。
 朦朧としているので、数えられません。4つ以上。
 男の話し声が聞こえます。近づいてきます。そしてスイッチが入ります。あたりが白々と明るくなりました。
 豪太、佐恵、そして四姉妹もチェーンで吊されています。彼女たちはスタイルもよくて、ほっそりしています。きれいな肌。手首にがっちりと枷が取り付けられて吊されているだけではなく、両足首を拘束されて、そこには丸い鉄の錘がぶら下げられているのでした。
 わたし以外は、体を引き伸ばすように吊されていたのです。その苦しみは想像できません。でも、静かです。死んでいるのでしょうか。
 マスクと粘着テープで厳重に口を塞がれているのです。
「なんとまあ、一度に7体か」
 どこかで聞いたことのある男の声がしました。
「いいんですか、あんな風に吊して」
 聞き覚えのある女の声です。
「かまうもんか。バカなやつだ。少しは痛い目に遭わんとわからんらしい」
 声の方へ体をなんとか回転させると、わたしは自分の目が信じられないのでした。
 そこには豪太の父、そしてわたしたちが通ってる学校の教頭である阪木佳祐が立っているのです。いつものようにスーツを着て。
 その横には、担任の浮妥京子です。彼女もスーツを着ています。あの豪太に犬ように奴隷扱いされていた彼女です。そして教頭の愛人なのです。
 どうして、2人がここに?
「肉便器の娘、か。ボロボロだな。かわいそうに。もっとも、同情なんてしてやる必要もないがね」
「こちらの四姉妹はステキですわ。私にも一体、欲しいぐらい」
「取引材料だ。多い方がいい。本物の秘木が手に入るなら、悪くない取引だろう」
 まさかとは思いますが、豪太の父は、日義の一味なのでしょうか。
 カツカツとヒールの音が響きます。ガウンで体を隠した郁美です。
「取引は夜明け前です」
「そうか。楽しみだな」
 郁美はいったい、なにをしているのでしょう。
 誰の味方なのでしょう。
 四姉妹が言っていた言葉を思い出します。
 ──日義はいつも代理を寄こす。
 もしかしたら郁美は代理なのでしょうか。それとも教頭たちが? または取引の相手が代理?
 わけがわかりません。
 恐怖のニオイとでもいうものが漂っています。それはわたしたちの毛穴などから立ちのぼっていきます。吊されたみんなが、苦悶の声を上げています。あの四姉妹もすすり泣いています。
 見知らぬ男たちが出入りし、豪太の父と会話をしたり、スマホでメッセージをやり取りしたり、とても事務的な雰囲気です。
「志絵乃。まんこがすごいことになってるじゃないの」
 京子。短い竹笞を手にしています。その先で閉じているリングとそれを貫く細長い南京錠を触ります。
「ついこの間よね、あなた、ほんとに可愛いわ」
 笞の先がお尻の方へ。
「尻尾が似合う。犬っていうよりネコちゃんね。どう、私のペットになる? 豪太君と雌雄で飼ってあげてもいいんだけど」
 そこに郁美がやってきました。
「もし隷獣なら、飼育するのはかなり大変ですわよ」
「あら、そうなの?」
「いずれ完全に獣になります。人の言葉は通じなくなるぐらい」
「まあ」
「アメリカの先住民は、テントの中で陶酔して狼や鷲になる儀式があるそうですわ。人間が原初の頃、きっと人と獣の境目はとても近かったはず。その記憶はわたしたちの中にもひっそりと隠されているのではないでしょうか」
「わたしたちにも?」
 郁美の手が京子の乳房をつかみました。スーツの上からもふくよかなその胸。郁美は京子を引き寄せると、そのぽっちゃりとした唇を奪いました。
「はー」
 長いキスのあと、京子はよろめき、郁美を突き放すようにしましたが、「郁美さんは、獣のニオイがするわ」と言って笑いました。
「わかる? 隷獣を経験した者は、巫女として復活をしたあとも、体は獣のまま。獣として死ぬの」
「興味深いわ」
「獣になってみます?」
 2人は笑いながら、再び抱き合って、軽くキスをしました。
「いずれ」と京子は答えましたが、本気なのかどうかはわかりません。先生のくせに、とんでもない女です。教頭の愛人、その息子の奴隷、そして今度は郁美の隷獣になるとでも言うのでしょうか。
 お腹の、いままで感じたことのないところに、ズシンと熱いものを感じました。それは生理痛に似ていますが、もっと重要なシグナルを発しているようです。
 それはこれまでのムリが祟って自分の体が発している危険信号なのかと思っていましたが、そこから得られる熱によって、むしろわたしは回復しているような気分になってきました。
 脳内に、たとえばスマホにまっさらなマイクロSDカードを差し込んだように、なにか新しい領域ができたような気持ちがしました。
 そこがビクビクと震えながら、なにかを探しているのです。それがなにかわかったとき、バキッと音がして、わたしは床にいました。
 郁美と京子がびっくりして離れました。
「志絵乃!」
 郁美はガウンを脱ぎ捨てて、身構えました。
 むりやり脱臼を戻されてから痛くて辛かった肩が、いまは軽くなっていました。どうやったのか自分でもわかりませんが、腕を固定していた鎖は引きちぎられ、わたしを吊していたチェーンもぶち切れていました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★隷獣 郁美モノローグ版★
隷獣
Kindle版はこちらへ
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
女子大生がケモノとして飼育される 山ガールを楽しんでいた郁美は、同級生の有希恵に「隷獣」としての素質を見出され、山小屋でケモノに堕ちるための調教を受けるのだった……。伝奇SM小説『隷獣』は、郁美のモノローグに書き改められ、ブログにはない結末が追加されています。


★妹は鬼畜系★
RJ106932_img_sam
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
義理の妹に調教される兄「ぼく」。義妹のケイに、さらに義母に調教される。男の娘として男性たちのオモチャに、トーチャー・クラブの生け贄として拷問へとエスカレートしていく。コメディ要素あり。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
バック拘束 デカ尻・奴隷 宮崎あや
バック拘束 デカ尻・奴隷 宮崎あや







テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女調教部屋~体験調教承ります~

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年10月16日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 お尻をオモチャにしてください
木曜日・金曜日
 君の泣き顔が見たい
土曜日・日曜日
 メロー・マッドネス
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「百恵と丸夫の変態の友」
 または「コラム」
 月は休止の場合あり


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

ツイッター
「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、tツイッターをフォローいただければ幸いです。

 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。


FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 ツイッターを休止・停止しているときは、このFBページでお知らせしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です