FC2ブログ

くされ作家のクズ箱 その22 拡大志向の限界

前回はこちらへ

 さてまたまたアナルの話だ。なお、私はアナルという単語とアヌスという表記をよく使う。エイナスもたまに使う。厳密な意味よりも汎用性と雰囲気を重視している。

 拡大志向はいまも私は定番としていくつもの作品で踏襲している。そこには、「こんな体になってしまった」「こんな体にされてしまった」という意味での愉悦があると思うからだ。なんでも受け入れられる体になる。それは「元には戻れない」という被虐的な気持ちにふさわしい行為だ。
 たとえば、乳首、性器、肛門を普通では考えられないほど拡張する行為。さらに色素を沈着させる行為は、「恥ずかしさ」と「元に戻れない」につながっている。
 浣腸と排泄は、「排泄が恥ずかしい」と思ってくれなければ、意味が半減する。このため他人の前、公衆の場面などでの排泄へとエスカレートしていく。
 私は書いていないタイプだが「愛しているのだから排泄姿は恥ずかしくないよ」と説得してさせている場合もあり、慣れた者同士では羞恥は減少する可能性がある。そこで、「これでもか」と羞恥を喚起するシチュエーションにもっていく必要が出てくるわけだ。不倫している場合は、夫の目の前で排泄させる、とか。
 アヌスの拡張も、たとえばワインボトルを底から入れられるようにするといったことで、誰が見ても肛門を本来の目的以外に使っていることが明らかな「恥ずかしさ」が生まれる。
 SMでは利便性と羞恥の裏腹が、常にストーリーとなってくる。
 公衆の面前でもセックスできるぐらいの体にしたい。その恥ずかしさまでも悦楽になるように調教したい。アヌスにおいても、恥ずかしいほどの大きさにしたい。それはどんなペニスでも(場合によっては2本ぐらい)受け入れられる利便性を備えたい。
 このように高度成長期の終焉とともに、ただの拡大志向から利便性(ベネフィット、コンビニエンス)へと重点は変化していっているように思うのは私だけだろうか。羞恥心については別項目で考察しよう。
 SM小説に出てくる行為の多くが、しだいにサービス産業的になっていくのも、時代を反映しているように思えてならない。いつでもどこでも誰とでも、である。さらに、最上級の悦楽に結びつくように「奉仕」の精神までも強調してきている。ホスピタリティだ。
 私としては、あまりにもM側が高度に発達してしまうと、S側がバカみたいに見えてしまうのではないかと不安になる。Sはわがままで自分勝手な人で、M側は高度なホスピタリティを身につけて洗練された思考力を秘めているかのように。
 奉仕の心はどんな分野でも尊いものであり、賞賛に値する。結果、ホスピタリティの高いMは賞賛に値するわけだ。
 結果的にそう読めてしまう作品も私は書いているけれども、これもまた時代の影響によるものではないかと思っている。

 もちろん、何度も言うように小説の世界では、道具はある意味の心理の表現であり、主人公が敵を倒すときに二十二口径よりはマグナム弾を、もしくは対戦車ライフルであるとかバズーカとか、「怒り」という心理の表現として道具を大きくしていくことはあり得る。それと同じで、ある意味の愛情の大きさが、責め道具の大きさに比例するとも言える。
 しかも、私の作品の大半もそうだが、いきなりバズーカで相手をぶっ飛ばすのではなく、最後の最後にバズーカを使うわけで、巨大浣腸器の登場も、満を持してクライマックスに使われる。
 浣腸する液体についてもグリセリンの濃度をどんどん増やしたり、別の薬品やお酢、タバスコなどいかにも激しそうなものへとエスカレートしていく。
 ところが、バブルが崩壊したように、こうしたエスカレートするストーリー形態そのものが、長期デフレ、低成長時代には「いかがなものか」となっていく。
 一発で怪獣を倒せる光線があるのなら、わざわざプロレス的な破壊活動によってビルをいくつも壊すより、あっさり一発でやっつけるのがいいわけで、それならウルトラマンは1分で終わる。
 こうした情報をみんなが共有していくことによって、絵空事、ファンタジーとして、または水戸黄門の印籠のような「お決まり」としてのエスカレートするストーリーは今後も語られ続けていく。ではあるけれど、そこから「いま」を感じることは少なくなってしまうだろう。
「いま」を感じさせない作品はマニアには受け入れられるかもしれないが、一般的には「いま読む必要はない」と後回しにされてしまう。だから、SM小説で「いま」を感じさせることは常に求められるチャレンジでもある。
 幸いにもセックス関連の手順は、太古の時代から大きくは変わっていないので、官能性を求めるときのストーリーの構造もそれほど大きくは変わらないと、20世紀までは考えられていた。「やることはみな同じ」と。
 しかし21世紀になるとネット、VR、AIが現実となってしまった。仮想現実と現実の関係性が曖昧になっていく時代になっている。さらに二次元、三次元といったくくりもある。また小説に描いたことが「本当にできるのか」といった話もネットであっという間に検証されてしまう。または「やってみた」と実際にやってしまう人が現れる。
 このため、官能性の構造も変わらざるを得ない。
 私たちはいま、そういう時代に生きているのである。前戯の代わりにVRを使う、または前戯はリアルにやるが本番はVRで澄ませるなど、今後はITと官能の融合が進んでいくに違いない。
 一方、それだけに肉体と肉体をぶつけるような、より原始的な世界も求められるだろう。
なぜVRで安全で手軽なエクスタシーが得られるのに、あえて危険で面倒な肉体関係を持つのか。そこを描かなければ意味がなくなるかもしれない。20世紀の当たり前は、21世紀では通用しない場合もあるのだ。
 そう考えたとき、私たちはいまでもインターネットで、無料で、とてつもなくヴァギナやアヌスを拡張した人の動画を目の当たりにすることができてしまう。両手が入る、足が入る……。頭が入る?
 このようなリアルのおもしろさと、小説で描くある意味の仮想現実(読者の脳内で再現、再体験されていくという意味で)の世界ではどのような共鳴が起きるのだろうか。
 私は自分の体の拡張に走る人の気持ちを描いてみたいとも思う。それはグローバルな外に開かれた世界から、自分の体の一器官というとても小さい部分へ閉じこもる方向性でありながら、もしそれをネットで動画を公開すれば、グローバルに向けて変わり果てた自分の肉体を見せつける行為へと転じる。
 これほど振れ幅の大きな世界は、おそらく人類としても未経験なのだと思う。
 私は今後も浣腸や肛虐や拡張を小説の中で描いていくと思うけれども、こうしたことを考えつつ、その中でもより夢のある(悪夢だとしても)世界を提示することができればいいなあ、と思っている。
 ときには登場人物の心理表現として、ときには時代性を表す表現として、そしてあるときはリアルさを持たせるために、さまざまな道具を使い、定番とも言える浣腸や拡張の意味付けを考えていくことになるだろうし、そこにチャレンジし続けたいなと思ったりもしているのだ。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★縄味1★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
若き人妻は「なわみ」というハンドルネームで緊縛写真をネットで見るようになり、写真展に立ち寄ります。そこでカメラマンにモデルに誘われる。顔出しNGで緊縛モデルのテスト撮影をしたところ、唯一顔の写っていた写真がネットに流出。義兄の目に止まってしまう。



★縄味2★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
「縄奴隷なわみ」として義兄に脅され恥辱にまみれたデビューを強要される。野外での撮影会で人妻奴隷の限界を超えてしまい、残酷なショーに出演することに。哀しくも完全奴隷化されていく。



エピキュリアン1


今日のSMシーン
愛欲の陰獣・新妻奴隷+乱舞’98 篠宮かおり
愛欲の陰獣・新妻奴隷+乱舞’98 篠宮かおり





テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

おじさんと私の関係

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女志願

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・M男・露出狂研究所

ネこトこネこ

女性への奉仕ブログ 〜ある紳士の体験話〜

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年4月30日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 淫虐の楽園
木曜日・金曜日
 シェアしてください
土曜日
 告白シリーズ またはコラム
日曜日
 眞木様と……。またはコラム
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)またはコラム
 土・日・月は休止の場合あり


「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、ツイッターをフォローいただければ幸いです。
 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。
 ※ツイッターを休止・停止しているときは、FBページ「荒縄工房 電子書籍部」でお知らせしています。



 SM研究室は、バックアップ用です。

「荒縄工房」全作品リスト


●刊行作品についての解説・目次などは、
荒縄工房 オリジナルSM小説の世界をご参照ください。

バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロのないブログ。こっそりと。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です