FC2ブログ

淫虐の楽園 47 香織のまんこを処刑してやる

前回はこちらへ

「気絶してもいいよ、香織」
「いえ、大丈夫です」
 久場田はできるだけ下がって、鞭が放物線を描きやすいよう空間をとった。寝室では不向きなのは仕方がない。ただ、多少はダメージが少なくなるはずだ。いまは破壊することが目的ではないのだから。楽しむことが大事だ。
「これを咥えていろ」と古来が、ピアノ線鞭の木の柄を香織に咥えさせた。
「よし。香織のまんこを処刑してやる」
 言い終わらぬうちに弧を描いた鞭先が、香織の急所に到達した。
「ぐあっ」
 左の腰から斜めに恥部を打ち据えた。美しく並んだ赤い筋を横切るように、ヘビを思わせる太い鞭痕が浮かび上がる。
 太腿が痙攣するように震え、失禁した。
「汚ねえな、おばさん」と花馬が乱暴にそこをタオルで拭う。
 2発目がほぼ同じところに当たる。3発、4発と肉の手応えを味わうように久場田は同じ軌道を描いて鞭を打ち込んだ。
 それからスタンスを変えて、ストロークは短くなるが、別の角度で当たるようにした。
「ギャン!」
 悲しい声をあげて、香織はピアノ線鞭の柄を吐き出した。目を大きく見開き、ベッドに頭をめりこませて硬直している。
 鞭は無情にもヘソの下からまっすぐにクリトリスから溝へと打ち込まれたのだ。
「失神したか?」
 残り時間はわずかだが、玲奈をここに呼びつけたくなった久場田は、香織を失神させようとしたのだ。
「いや」と古来。
「香織。返事しろ」
「は、はい」
 擦れた声が地の底から響く。
「なんだ。惜しいな。じゃ、もう一発」
 久場田は小躍りするように体全体を使って、鞭に力をこめた。ビュッとうなりをあげて鞭は、まったく同じ部分に食い込んだ。
「香織。どうだ?」
 わざと優しい声で聞く。
「返事は?」
「はい。お願い、します」
 ほぼ失神に近いはずだが、久場田は笑いながら3発目を叩き込む。
 ピピッとキッチンタイマーが鳴った。
「くそっ、残念だな」
「大したものだ」と古来は香織の頭を抱えるようにして、様子を見守る。
 花馬は、指で鞭痕を確認する。
「クリちゃんの横が、きれいに切れてますよ」
「どれ」
 包皮の一部が裂けていた。
「感度がよくなるんじゃね?」と若者たちはおもしろがる。「切っちゃえばいいじゃん」
「それもいいな」と古来。「緊急、手術といくか?」
 指先でハサミで切るような仕草をする。
 久場田は「やろう」と即決した。

「玲奈ちゃんが、話をしようって」
 その頃、2120室では未知子は寝付けないもののベッドに横になっていた。考えることが多すぎる。または、なにも考えたくなかった。久場田という男。その仲間らしい男たち。その餌食となった香織。確かにおもしろい趣向だが、主導権を完全に握られているだけではなく、脅迫まで受けている。
 未知子は自分の身と杏美を守らなければならない。玲奈や美紀は、あの男たちの目を見ればわかるが、もはや助かる見込みはないだろう。
 餌食となることは明白だ。
 いま、香織はどんな酷い目に遭っていることだろうか。殺しはしないはずだが、あのふくよかな乳房、女の未知子から見てもゾクゾクするようなお尻、年齢を感じさせない可憐な唇は、もう戻って来ないかもしれない。
 男たちの責めによっては、香織は人間としての生をまっとうすることさえ許されないのではないか。
 あのケモノの檻が運び込まれたときから、未知子はそう感じていた。
 そして香織が潰されたら、男たちは次の獲物を求めるだろう。
 そんな物思いにふけっていたとき、寝室に杏美がやってきたのだった。
「話って?」
「わらかないけど、逃げるつもりだと思う」
「そう」
 この部屋もすべてが監視されており、録画、録音されている。ただ、もし久場田の仲間が彼らだけなら、いまはここを監視している者はいない。全員で香織をいたぶって楽しんでいるに違いない。
 それに、たとえ会話が聞かれたとしても、すぐには行動を起こせないに違いない。誰かが気づき、それを夢中になっている久場田に報告し、行動するまでにタイムラグが生じる。
 香織を置いて逃げ出すのは簡単なことだ。
 彼らの犯した罪は明白であり、彼ら自身がその証拠を記録している。映像を警察に渡せば、全員逮捕となるだろう。
 裁判を経て、すべてが明るみとなり、彼らは何年かの服役となる。
 香織は命は助かり、玲奈と美紀も暴行されることなく生き延びる。
 だが、未知子はどうだろう。
 亡き夫の遺族たちは、これを好機と思うのではないか。これまでもあることないことを問題にして、未知子を悩ましてきた連中だ。未知子と香織の関係が明るみに出れば、なにを言い出すだろうか。
 未知子が首謀者だと言いかねない。

☆最新刊☆
mati100.jpg
アマゾンKindle版
DLSite
DMM.18


小説(官能小説) ブログランキングへ

★縄味1★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
若き人妻は「なわみ」というハンドルネームで緊縛写真をネットで見るようになり、写真展に立ち寄ります。そこでカメラマンにモデルに誘われる。顔出しNGで緊縛モデルのテスト撮影をしたところ、唯一顔の写っていた写真がネットに流出。義兄の目に止まってしまう。



★縄味2★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
「縄奴隷なわみ」として義兄に脅され恥辱にまみれたデビューを強要される。野外での撮影会で人妻奴隷の限界を超えてしまい、残酷なショーに出演することに。哀しくも完全奴隷化されていく。



エピキュリアン1


今日のSMシーン
不朽のマドンナ 桐島千沙スーパーベスト
不朽のマドンナ 桐島千沙スーパーベスト





テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女調教部屋~体験調教承ります~

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・M男・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年8月8日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 お尻をオモチャにしてください
木曜日・金曜日
 君の泣き顔が見たい
土曜日・日曜日
 変態ですみません
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 またはコラム
 または「眞木さまと……。」
 月は休止の場合あり


「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、ツイッターをフォローいただければ幸いです。
 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。
 ※ツイッターを休止・停止しているときは、FBページ「荒縄工房 電子書籍部」でお知らせしています。



 SM研究室は、バックアップ用です。

「荒縄工房」全作品リスト


●刊行作品についての解説・目次などは、
荒縄工房 オリジナルSM小説の世界をご参照ください。

バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロのないブログ。こっそりと。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です