FC2ブログ

淫虐の楽園 76 杏美。君をマネージャーに昇格させよう

前回はこちらへ

「マスター、すごい。わたしわかったんです。奴隷の足がグギっていくの」と杏美が、久場田にしなだれかかる。
「折れたんじゃないかって思ったけど……」
 人の足を折りたかったというのだろうか。
 久場田は、そのふっくらとした唇にキスをした。
「あっ」
 奥手の子が突然、目覚めたかのように、杏美は突然、女に目覚めたようだった。恥じらいながらも、うっとりとした眼差しを久場田に向ける。心から支配者を敬愛しているのだ。
 久場田はうれしかった。杏美の変化に。そして香織の体を一切、心配もしないことに。
 ついこの間なら、子どものように大騒ぎをしただろう。怯えただろう。もしかすると、香織に謝罪したかもしれない。または美紀に。
 ところが、杏美はまったくそんなそぶりも見せない。
 これは演技ではない。久場田はそう感じた。未知子に目をやると、玲奈の腕を掴んでいたが、その驚いた表情は本物だった。
 自分の娘がとんでもない女になりつつある。怪物といってもいい。それは未知子のような、社会性の上でコントロールされた欲望ではない。杏美はもっと強いオーラを放っていた。支配者のオーラだ。
 久場田は震えを誤魔化そうともせず、杏美を抱き締めた。
「おもしろかったか?」
「えっ?」
「奴隷の足が折れたと思ったときだよ」
「ふふふ」
 杏美は意味ありげに笑った。「だって、家畜奴隷なんだもの」
 なにをしてもいいのだ、と言うのだ。
「そうだよなあ、家畜奴隷だものな」と久場田も笑った。
「未知子さん、一応、足の手当はしておきますか」と古来が提案し、久場田と杏美は抱き合って幸せを分かち合っているままにして、2人は香織の足首に湿布をあてた。ズレないようにテープで留めたのだが、それだけでもかなりの痛がりようだ。
「靱帯が切れているかもしれない。アキレス腱はいいようだが」と古来。
「そんなこと、どうでもいいじゃないか」
 久場田は笑いが止まらない。
「よし、決めた。杏美。君をマネージャーに昇格させよう」
「えっ!」
 未知子と美紀が同時に声をあげた。
「うれしいわ」
 杏美は、わざと大人びた口調で答えた。語尾に「わ」などとつけたことはない。母親の真似だろうか。
「どうですか、未知子さん」
 あえて苦々しい表情を一瞬見せた未知子に問いかける。
「え? まだ……」
 早いというのか。久場田と杏美の表情からなにかを読み取ろうとしている。未知子は、自分が知らないうちに、久場田と杏美の間で話が出来上がっていたのではないかと邪推している。自分の娘に裏切られることなどない、と思っていたのかもしれないが、久場田が見込んだ通り、杏美には母親以上の強さがある。それは背の低さ、幼さが取れない外見に対するコンプレックスであり、あまりにも美しい香織、玲奈、美紀という家族への憎悪でもあろう。
 久場田はいかにもまっとうで疑いを知らない茶島家を羊たちの群れとみなしていた。一方で、都川家は自分に近いニオイを感じていた。味方になるのも敵になるのも、都川母娘だろうと見込んでいたのだ。
 未知子はもともと香織を調教して楽しんでいた立場を崩したくないので、すぐに久場田側についた。ただし、未知子の本心はわからない。
 それに比べれば、杏美はシンプルに環境に順応している。楽園が誕生してから、もっとも輝きを増したのは杏美だった。毎日が楽しくてしょうがないのだ。バレエ教室へ行っても、みんなが注目していた玲奈はもういない。美紀も沈んでいる。溌剌した杏美に注目が移っている。学校でもそうだろう。
 この楽園を久場田と同様に楽しんでいるのは、もしかすると杏美だけなのかもしれない。
 結婚しよう……。久場田の脳裏に計画にない言葉が浮かんだ。杏美の中には素直で正直な欲望が渦巻いている。それが久場田の心と共鳴しているのを感じるのだ。こんな経験ははじめてであり、久場田はさまざまな経験をしてきた上に、俳優になるレッスンを受けていたこともあって、顔色一つ変えずにすんでいたが、心は初恋にときめく少年のようだった。
 シナリオにないことには抵抗があった。
 むしろ、杏美をもっと確実に自分だけのものにしたい。その欲望は抑えられなかった。
「杏美。香織のお尻の穴を見てごらん」
 足を腫らせて、四つ這いになって苦しんでいる家畜奴隷の尻を拡げさせた。残酷なほど大きなディルドを奥まで飲み込んだ穴は、ポッカリと開いていたが、幸い裂けてはいなかった。これまでの扱いによって拡張されてきたからだろうか。
「どこまで入るかやってごらん」
 と久場田は拳をつくってみせた。
「やってみる!」
 未知子が「手袋よ」と注意する。
 ゴムの使い捨ての手袋。青いポリエチレンで60センチもあり、充分に肩まで達する。調理などでも使われているタイプだ。
 右腕にそれをつけた杏美に、久場田は目で左手にもつけさせる。以心伝心の関係になれるかもしれないと久場田はうれしくてしょうがない。
 ローションを手袋につけると、右手を慣れたもので、ズブズブっと香織に突き入れていく。
「ひいいいいい、そんなああ」
 まだ責められるのか、と香織は絶望する。
「家畜奴隷は、少しぐらいケガをしたからって扱いは変わらないんだよ」
 むしろ足が使えないので拘束なしでも逃げられない。久場田が意地悪くつま先で腫れ上がった部分を蹴ると、「ぎゃううう」と泣く。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★隷獣 郁美モノローグ版★
隷獣
Kindle版はこちらへ
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
女子大生がケモノとして飼育される 山ガールを楽しんでいた郁美は、同級生の有希恵に「隷獣」としての素質を見出され、山小屋でケモノに堕ちるための調教を受けるのだった……。伝奇SM小説『隷獣』は、郁美のモノローグに書き改められ、ブログにはない結末が追加されています。


★妹は鬼畜系★
RJ106932_img_sam
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
義理の妹に調教される兄「ぼく」。義妹のケイに、さらに義母に調教される。男の娘として男性たちのオモチャに、トーチャー・クラブの生け贄として拷問へとエスカレートしていく。コメディ要素あり。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
縛り拷問 黒マラと縄女 花咲いあん
縛り拷問 黒マラと縄女 花咲いあん



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

おじさんと私の関係

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女志願

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・M男・露出狂研究所

ネこトこネこ

女性への奉仕ブログ 〜ある紳士の体験話〜

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年4月30日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 淫虐の楽園
木曜日・金曜日
 シェアしてください
土曜日
 告白シリーズ またはコラム
日曜日
 眞木様と……。またはコラム
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)またはコラム
 土・日・月は休止の場合あり


「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、ツイッターをフォローいただければ幸いです。
 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。
 ※ツイッターを休止・停止しているときは、FBページ「荒縄工房 電子書籍部」でお知らせしています。



 SM研究室は、バックアップ用です。

「荒縄工房」全作品リスト


●刊行作品についての解説・目次などは、
荒縄工房 オリジナルSM小説の世界をご参照ください。

バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロのないブログ。こっそりと。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です