FC2ブログ

シェアしてください 60 愛されるより、むしろ壊されるほうが感じる

前回はこちらへ

 ぐっと固くなるのを喉で感じながら、このまま普通にセックスするのだと思うと、わたしは興奮していました。夫婦みたいに。
 畳の上。仰向けにされて、そのまま挿入です。
「あっ」
「痛かった?」とコン。
 傷口はジンジンと痛みます。だけど、「大丈夫です」と答えました。
「ふふふ」と美月さんが楽しそうに笑っています。
 なにをわたしに求めているのでしょう。わかりません。
「ああっ」
 まるではじめてするときみたいに、彼は普通にわたしを抱いて、キスをしてくれて、乳房を舐めてくれて、脇腹を愛撫してくれて……。
「逝くかしら」
 彼女の視線が気になります。なにを、どんなところでされても没入できるまでになっていたわたしですけど、このときは不安ばかり。コンが熱心にセックスすればするほど、心は冷めてしまう……。
「コン、終わったの?」と彼女。
「ああ」
 連日、わたしに放出しているからか、彼はそれほど気持ちがよかったわけではなさそうです。
「どうだった?」
 美月さんはわたしに聞いてきます。
「気持ち、よかったです」
「ウソ」
 いきなり彼女のツメが乳首をつねりました。
「きっ!」
「こうしてほしかったんじゃないの?」
「うはあっ」
 取れてしまうのではないかと思えるほど容赦なくツメを立てています。
「コン、見てて」
 乳首とクリトリスをツメで思いきりつねられて、わたしの脳内にたくさん花火が上がりました。
「ほらね。クミーはさ、普通のセックスじゃ、もう感じない。愛されるより、むしろ壊されるほうが感じる。でしょ?」
 そんなことを証明したかったのでしょうか。
 もともと、わたしはどんな命令にも従うのです。その悦びは染みついています。心の底から彼らが望むことを悦んでしてきたのです。だから、壊れてもいい。死んでもいい。庭に埋めてもらってかまわないと思ってきたのです。いまさら……。
「こうなったら、私たちでいっぱい、気持ちよくしてあげないと、かわいそう」
 美月さんの理屈です。彼女は彼女なりに、わたしをそういう存在だと確認したかったのでしょう。
 ということは、これからは美月さんの奴隷でもあるのです。コンが認めたら、ですが。
 コンはまったく否定もせず、「わかってるよ」と答えました。
 それはまるで、お気に入りだったオモチャが、いまはそれほど楽しめなくなっていることを認めた子どものようでした。
 二十畳の部屋は鴨居で仕切られていて、いまはありませんが、襖をすれば十二畳と八畳の部屋に分けることができます。
 鴨居には障子の戸がついており、明るい廊下側にも、そして部屋の中程の仕切り部分にもあって、そこを利用してコンはわたしを縄で吊します。鴨居には傷がつかないように薄い座布団をあてています。縄のすべりもよくなるようです。
 角の柱に背をつけるようにして、空中でM字開脚するように縛り上げられました。最初は怖かったのですが、コンの技術はかなり上達していて、柱の角が食い込むこともなく、腕の縄などでムダに痛いばかりの吊るしではなくなってきていました。
「みごとじゃないの、コン。すばらしいわ」
 だから、彼女の前でしたが、わたしは縄を深く味わっていました。
 ぎゅっとしっかりと締め付けてくるその力に委ねること。体だけを脱ぎ捨てるように、気持ちはそこから溶け出していくのです。でも、すぐに引き戻されます。
 欲深いから。
 コンが自然にいつものように愛撫をしてきます。そこが傷ついた股間であったり、ぶちのめされて針を刺されて垂れてきてしまった乳房であったり、お尻の穴だったり……。
 どこを触られても、わたしはまた肉体に戻ってきてしまうのです。その指の感触に浸りたいから。
 もしそれを断ち切るぐらいの気持ちがあれば、きっとわたしはボロボロの肉体をその場に捨てて、自由に空に向かって飛んでいってしまったかもしれません。
 欲望は一つや二つではなく、これまでガク、キヨ、ケン、そしてコンから貰った数え切れない快楽の数だけ、強い鎖となって、肉体に結びついてしまっているのです。
 それがどうしようもないほど切なく、やるせなく、イヤになってくることもあります。
 大きめの黒いボールギャグを噛まされていて、鼻フックもつけられると、美月さん好みになったようでした。
「あれ、できる? 駿河問い」
「やったことはあるけど、あんまり長い時間はできないし、クミーの調子によっては危険だよ」
「危険? もちろん、そうよね。この世に安全はないわ」
「さっきの庭で、疲れてると思うんだよね」
「でも、できるわよね? やってみせてよ、お願い。一瞬でいいから」


小説(官能小説) ブログランキングへ

★M穴地獄―デッドライン―★
 

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
自虐の虜となった女子校生が自分の肉体破壊に突き進んでいく。物語はデッドライン(引き返すことのできないところ)に向かって、エンディングと発端から交互に描かれる。結末はわかっているのに、読み進めるしかない破壊的な磁力を発する作品。



★玩具にしてください! 変態女子校生・菜津希★
gang1100.jpg 

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
陸上部の女子・菜津希はそのことが頭から離れない。練習中に公園の隅に暮らす汚れた人たちを見たときから、肉体をその人たちに汚してほしいと願うようになる。それはやがて理解者であり脅迫者でもある人物を得て輪姦願望へとエスカレートしていく。鍛えた若き体を汚辱する快楽。

エピキュリアン1

今日のSMシーン
シネマジック 乳首責め 執拗系コレクション6
シネマジック 乳首責め 執拗系コレクション6




テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

おじさんと私の関係

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女の皆さんへ

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・M男・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年7月15日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 淫虐の楽園
木曜日・金曜日
 シェアしてください
土曜日・日曜日
 変態ですみません
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)またはコラム
 月は休止の場合あり


「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、ツイッターをフォローいただければ幸いです。
 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。
 ※ツイッターを休止・停止しているときは、FBページ「荒縄工房 電子書籍部」でお知らせしています。



 SM研究室は、バックアップ用です。

「荒縄工房」全作品リスト


●刊行作品についての解説・目次などは、
荒縄工房 オリジナルSM小説の世界をご参照ください。

バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロのないブログ。こっそりと。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です