FC2ブログ

君の泣き顔が見たい 7 ぼくがやめろというまで、やり続けろ

前回はこちらへ

「んんんん」
 なにかを言っているようだが、わからない。
 彼女に入ったペニスが悦びに震えている。その震えが、ぼくの発信しているものなのか、それとも彼女が発信しているものなのか、しだいにわからなくなっていく。
 立ったままのセックスの経験はあまりなく、ぐいっと押し上げると彼女の体重で自然に落下する。そのリズムに彼女が合わせたり、ズレたりすることでストロークが変わってくる。
 雨と汗でベタベタの肌が触れあう。
 すっかり固さが戻っていて、引き続き、2回目に向かっている。彼女にはそれがわかるのだろうか。最初の、たっぷりと蜜壺に注がれた精液によってさらに潤滑がよくなっている。
 もしも彼女が妊娠しやすい状態なら、精液を奥に押し込んでいることにもなるが、それはぼくにとってはどうでもいいことだった。
「うううう」
 彼女がうめき、ぼくも思わず声をあげていた。
 2度目はさらに深く、キツイ快楽だった。女の中でこれほど強く、気持ち良さを味わったことはなかった。
 事を終えて、ぼくは彼女をもっとよく見たかった。紐を解き、部屋の方へ連れて行き、上がり口に押し倒した。蛍光灯に照らされた彼女の裸体。足首にはパンツがまだあった。
「どう? 願いがかなった?」
 意地悪く、ぼくは彼女の陰部を指でいじった。そこから精液が垂れ下がるのを見たかった。かき出してもいいとさえ思っていた。
 精液に混じって赤黒いものがべったりとついていた。
 指先にすくって、灯りに向けた。
 わずかだが血だった。経血か。
 その指先を美冬に突きつけた。
「はじまったみたいだぞ」
 すると彼女は顔を左右にふり、「ちがう!」と叫んだ。
「うそ、だろ?」
「ちがう、ちがう……」と彼女は繰り返すだけだ。
「おい、まさか」
 ぼくが、はじめて?
「ふざけるなよ」
 慌てて部屋に入って、ペニスを見た。べっとりと血がついていた。
「はじめてだったのか?」
 コクリとうなずく美冬。
「ウソだろ」
 そう言いながら、さらに指であそこをかき回した。そして、その指を美冬の顔になすりつけた。
 精液と血液。白と赤。
「ふふふふ」
 なぜか、ぼくは笑っていた。
「はじめての男と立ったままやったわけだ」
 ババーンとどこかで風に板かなにかが飛ばされたような音がした。一時的に突風が吹き荒れ、部屋まで雨が降り込んだ。
「きゃー」
 彼女が驚いて叫ぶ。
 そのまま、ぼくたちは部屋に入り込み、窓を閉めた。
 ガラス戸は激しく振動している。物が飛んでくれば割れてしまう。雨戸を閉めるべきなのだろうが、面倒臭く、彼女をただ、雨戸が最初から閉じていた隣の部屋へ引きずった。
 灯りをつけて、彼女を見下ろす。
「どうだ、気が済んだか?」
 彼女は「もっと」とつぶやいた。
「ん?」
「もっと、してください」
「ええっ?」
 思わず彼女の濡れた髪を鷲づかみにしていた。
「美冬のこと、ずっと、いじめて……」
 言わせず、唇を強く吸った。戸惑っていた彼女だが、すぐに応えてきた。舌を絡ませて唾液を交換した。
 そのまま、体をずらし、彼女の顔を雑巾のようにぼくの濡れたシャツを這わせていき、下腹へ持って行く。
「舐めろ。おまえの血が付いた。きれいにしろ」
「はふっ」
 返事はせず、むしゃぶりついてきた。
 濡れたシャツが気持ち悪いが、ぼくは服を脱ぎ捨てる気になれなかった。彼女とぼくを分けるもの。それが薄い夏物のシャツとズボンだ。ぼくは着ていて、彼女は裸。それでいい。
 そのとき、ふと思いついて、ベルトを引き抜いた。それを彼女の首に巻き付けた。細い首に合う穴はないので、そのまま引っ張る。
「うっ」
 ベタベタの顔をこっちに向けた。荒い息をしている。
「やめるな。これからは、ぼくがやめろというまで、やり続けろ」
「はい」
 返事をすると、首が苦しいのに、ペニスを口に含み吹いはじめた。
 彼女に試されている。これは勝負だ。ぼくはそう感じた。処女を含めて肉体だけではなく、全人格をぼくに投げ出した美冬。それをどうするのか。試されている。
 優しい気持ちが隙間風のように吹き込んでくる。ここで、彼女の髪を撫でてやり、一緒に風呂に入り、テレビを見たりして夜を過ごしてもいい。布団を探して敷き詰めて、抱き合って寝てもいい。愛してる、と言ってもいい。
 だけど、それを美冬が求めているとは思えなかった。
 美冬のこと、ずっと、いじめて……。
 その言葉は挑戦状のようなものだった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★被虐の街★

RJ192660_img_sam.jpg
アマゾンKindle版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
DMM.18版はこちらへ
人妻・杏奈は小遣い稼ぎのビジネスに失敗、借金が返済できず自らの肉体をオークションにかけ、4人から出資してもらい返済する。その代償として8日間、彼らのいいなりとなる。徹底した被虐調教に杏奈は身も心も闇の世界へと沈んでいく。



★M妻佳乃の崩壊★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
女性が自ら語る被虐体験。それは盗撮からはじまり、契約によってあらゆる行為を強いられていく。夫と別居をはじめた元ミス・キャンパスの佳乃は、夫との軽いSMプレイから、被虐に目覚めていた。その思いから、見知らぬ男の誘いを受け、暴力と残虐の世界に踏み込んでいく。人妻が暴力と残虐の世界をさまよう。



エピキュリアン1

今日のSMシーン
濡れ衣…やがて、言いなり。 愛瀬美希
濡れ衣…やがて、言いなり。 愛瀬美希


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女調教部屋~体験調教承ります~

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年11月13日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 お尻をオモチャにしてください
木曜日・金曜日
 君の泣き顔が見たい
土曜日・日曜日
 メロー・マッドネス
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

ツイッター
「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、tツイッターをフォローいただければ幸いです。

 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。


FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 ツイッターを休止・停止しているときは、このFBページでお知らせしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です