FC2ブログ

君の泣き顔が見たい 59 虚しいよ、と彼に言おうと思った

前回はこちらへ

「あとは最後の仕上げだが、少し時間がかかる。もう食堂はすいているだろう。なにか食べよう」
 ぼくは神先に肩を抱かれて、建物に戻った。
 ずっと微熱が続いているような、ふわふわした感じだ。
「これから、どうする? 清掃員はクビになったんだろう?」
 残り物ではない。神先を見たキッチンにいた老人は手早くぼくたちのためにオムレツを作り、トマトのスープと、焼きたてのトーストを用意してくれた。いまは香りの強いコーヒーをドリップで抽出している。
「わかりません」
「考えてくれよ、まじめに。ここに来れば仕事もあるし……」
 即答はできない。神先と仕事をすることなど、想像もできないのだ。
 ゆっくりと食べ終えて、大した話もしなかった。神先はコーヒーだけをうまそうに飲んでいた。爪の間に土が入り込んでいる。大きく太い指。力強い手。筋肉の盛り上がった腕、そして肩。突き出た額。分厚い唇。
 彼はなにかを思いついたらしく、子供のような笑顔でぼくを見て、口を開いた。
「すみません、出来上がりを見ていただけますか?」
 作業員が入って来た。
「うん? ああ」
 ぼくたちは花壇に戻った。神先がぼくになにを言いたかったのか、結局、わからずじまいだった。
「鉄の柱の周りにコンクリートやって石とか置けば、完璧だろう?」
 さび色の角柱が見えている。だが、腰ぐらいの高さの草、小さな花が並んでいる中に、3人の顔が浮かんでいる姿は、想像を遥かに超えた恐怖だった。彼女たちは、自力では脱出できない。
「おまえもやれよ」
 神先はスタスタと一番奥の麻紀の前に立つ。
 角柱と角柱の間に鉄板が渡されていて、ぼくたちは花の間に顔を出している彼女のたちの正面に立つことができるのだ。
 神先は「おお、いいぞ、これ」と笑いながら、小便をはじめた。
 ぼくも美冬の目を見ながら、放水する。
 彼女のかわいい舌が、筒の中に見えている。顔にまんべんなくかけてやる。
 身動きできない彼女は、舌と目だけでなにかを訴えている。
「これを踏んでみろ」
 足元にフットスイッチがある。それを踏む。
「があうううあ」
 美冬は口の中の尿を噴き出しながら痙攣する。驚いたのは金属の首輪だ。キラキラと光るのだ。内側にLEDを取り付けていて、通電すると彼女たちの体を通した電流で青赤白に点滅する。
「ハハハ」と神先も麻紀に電撃を浴びせて笑っている。
 次々と悲痛なうめき声が起こる庭。小便の臭い臭いが風に飛ばされる。キラキラと彼女たちの首輪が光る。
 変圧器の音は聞こえない。建物から電源を引いてきているようだ。
 麻紀、千里、美冬。男たちが気まぐれに踏むスイッチのたびに、ヴァギナと肛門に入れられた電極がスパークしている。
 白目を剥き、まぶたを痙攣させている美冬。
「おもしろいだろ」
 神先は3人の間を歩いて、スイッチを一通り試して喜んでいる。ぼくもそれに習う。楽しい気分になってくる。
「これ、気づいたか?」
 美冬の正面に並ぶ花の間に、8本の細い鉄の棒が突き立っていた。
「これをさ、こうするわけだ」
 土足で踏みつけると、ほどなく美冬は「があっ!」と悲痛な泣き声を上げる。喉を振り絞っている。
「これが限界だな」
 8本の細い串なのだ。その1本を彼は、地中にある乳房に突き刺した。
「やってみろ」
 ぼくもやる。つま先で軽く体重をかけるだけで、すっと串は沈んでいく。美冬が泣き叫ぶ。
 意地悪にも神先はスイッチを押し、電撃も見舞う。
 目が飛び出すのではないかと思った。
 つま先にガツッと抵抗があった。彼女はブロックを抱えていてその上に乳房を並べたはずだ。串の先端がブロックに当たっている。
「気持ちいいだろう?」
「そうですね」
 こちらはなにも大して感じはしないのだが、心に響くものがあった。ほんのちょっとした動作で、美冬は死の苦しみを味わう。そして泣き叫ぶ。その哀れさは、ぼくたちの楽しみなのだった。
 気づけば、庭には10人ほどの部下たちが来ていて、順番待ちになっていた。ぼくと神先は彼らに譲った。
 このまま彼女たちが死ぬまで、便器として使うつもりなのだろうか。
 ぼくは部下たちが笑いながら3人に浴びせている様子を眺めていた。小便、通電、串刺し……。
 男たちは串を引き抜いて少し角度を変えてまた刺す。
「野ぐそもできるぞ」
 1人がズボンを脱いで美冬に尻を向け、中腰で浴びせかけた。
「バカ、やめろ!」「臭え!」などと子供のようにはしゃぐ彼ら。
 そう、これは間違いなく処刑なのだった。このまま彼女たちは死ぬのだ。それがいま決まったのだ。そして神先が考えているように、彼女たちが死んだあと、そこにはコンクリートを流し込み、巨大な棺となる。
 ぼくはその考えに興奮し、同時に大きな虚しさを感じた。
 虚しいよ、と彼に言おうと思った。
 そのとき、表の方で「お引き取りを!」と大きな声がした。しかし、声はそこで途切れ、悲鳴ともうめき声ともとれない音がしたかと思うと、「なんだ」とか「やめろ」といった声が近づいてくる。
 ほどなく、庭に男が現れた。
 神先は目を細める。
 誰だろう、見覚えがある。なにかを抱えた老人。ぼくはその薄汚れたブルゾン姿を凝視した。
 思い出すよりも早く、その男は突進してきて、神先に向けて発砲した。大事そうに抱えていたのは拳銃だったのだ。
 管理人さんが会わせてくれた元警官の渡辺という男だと、ようやく気づいた。何度か居酒屋で時間を過ごしたのに、それがものすごく昔のように曖昧な記憶の中にあった。
 本当に彼なのか?


小説(官能小説) ブログランキングへ

★美魔女狩り 我妻千鶴子編1★
美魔女2-1
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
「美魔女狩りシリーズ」2番目の標的は人気コメンテーターの母娘。大物政治家と結婚していた経験を持つ千鶴子は、娘の咲を人質に取られ、交渉のために秘密クラブへ。すべてが罠であるとも知らず必死に奴隷になりきろうとするが、過酷な排泄管理をされ、恥辱にまみれる。


★美魔女狩り 我妻千鶴子編2★
Bimajo22100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
美貌と直言で人気のコメンテーター我妻千鶴子を奴隷にする……。藤木の野望は目の前で崩れそうになっていた。果たして逆転できるのか? 淫美な映画の撮影、千鶴子の策略、奴隷タレント契約……。我妻千鶴子編の完結です。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
イカセ拷問 姦犯
イカセ拷問 姦犯



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

女装M雌豚肉便器ちゃんのご奉仕活動♂♀

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 恥辱まみれ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です