FC2ブログ

お尻をオモチャにしてください58 S字結腸というところがあって

前回はこちらへ

「うううう!」
「終了! 手を止めて!」
 ナオミはペットボトルの底をなんとかお尻の中にハメ込んだようですが、ボトルをちゃんと飲み込んだとは言えず、審判員たちが協議した結果、完全成功とは認められませんでした。点はくれるようですが。
 つまり、完全成功は3人のみ。
 ここで、残りの挑戦をしてもとうてい勝てないと判断したらしく、ほかの3人は全員がリタイアをしてしまいました。
「決勝にふさわしいハイレベルな競技を期待したいですね!」とマムの会の人たちは、残った3人を激励します。
 ですが、わたしも含めて、お尻の状態はもはや危険な水域に入っています。24時間あけたとはいえ、規定競技をこなして間もないです。それに、ドーピングのチェックもあるので、痛み止めを服用できません。風邪薬もダメ。膝とか腿にバンテリンを塗るのもダメなんです。
 確かに、もし強力な痛み止めを飲むなどすれば、お尻が裂けてでも、激しいことはできてしまうかもしれないのですから。このあたりはしっかり管理をした上での競技になっています。
 決勝戦が早くも3人に絞られてしまったので、ギャラリーもがっかりしているかと思っていたら、炎冠の人たちの差し金でしょうか。過激なルックスのギャラリーたちが賑わっていました。彼らは金属の鋲が打たれた革ジャンなどを着て、尖った金属が突き出た首輪などをしているヤバイ感じのオヤジたちだったりします。なんだかハードな連中です。
 こういう人たちにお尻を輪姦されたりしたら、腫れ上がったり裂けたりして使い物にならなくなってしまうんじゃないか、と思うほどです。
 きっと炎冠の連中は、マリカを応援するというより、わたしを脅しにこういう人たちを呼んでいるんじゃないでしょうか。
 事実上、マムの会の正統派はわたししか残っていないのです。ナオミさんはギリギリのところで正統派のようですが、炎冠とも仲はよさそう。マリカは完全に炎冠のトップです。
「では、次はわたしね!」
 ナオミさんは、ペットボトルでわたしに騙されたことが悔しいのか、睨み付けながら言うのです。
「これを何本、入れられるかしら?」
 ナオミさんが提示した挑戦は、50センチはありそうな長いディルド。両端が男性器っぽくなっていますが、色は青や赤やピンク、肌色などさまざま。スジの模様が入っています。
「3分間で入れられるだけ入れるの」
 とても難しい競技です。遊びでやるならともかく、競技となると危険です。それにペットボトルと同じような駆け引きもありそうです。
 といっても、普通に考えれば2本が限界ではないでしょうか。肛門の付近だけなら3本か4本か、マリカなら5本ぐらい入れられそうですけど、腸の奥まではとても難しい気がします。
 いわゆるS字結腸というところがあって、わたしもそこにはとても苦しめられました。光輝はいろいろなことをわたしにして、このS字部分をまっすぐなるように訓練していったのです。
 大腸の内視鏡健診は、フレキシブルな内視鏡が開発されてから実用的になったそうです。それまではS字結腸をなんとか直線にしてカメラを入れるという、強引なやり方で、それだけ苦痛も大きくて手軽にはできなかったと言われています。
 つまり、お医者さんたちも、S字結腸をまっすぐさせるよりは、カメラの方を自在に曲げたほうがいい、と判断したわけですから、これは誰にでもできることではないのですし、大きな犠牲を払ってわたしたちのように、それを乗り越えた人だけが可能な世界なのです。
 まして重度の便秘の人などは、この結腸部分はS字どころか、とんでもなく複雑に曲がってしまっていることもあるらしいので、とても固くて太いものを奥まで入れることはできません。
 腸を破らないように伸ばし、最初は柔らかなアナルビーズなどを通して慣らしたり、バルーンで膨らませたり、水をたっぷり入れてからやったりと、さまざまなことを毎日のようにしているうちに、抜けられるようになるみたいです。わたしは、それがいつ抜けたのかは記憶にありません。毎日のように光輝に恥ずかしいお尻責めを受けているうちに、固いものでもS字結腸を貫いて受け入れられるようになっていたのです。
 ファイナリストの3人はみなそれができるのです。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★小説『堕ちる』特別編★
堕ちる1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
Kindle版はこちらへ

OLが自虐の果てに見たものとは? ブログ連載を加筆修正の上、未公開の原稿を追加しました。主人公は壮絶な自虐癖から拷問ののちに人間ですらなくなっていく……。



★小説『堕ちる』Part2 シークレット・バージョン★
堕ちる2

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
OLが拷問地獄に堕ちる『堕ちる』の別バージョン(「小説『堕ちる』特別編」の続編ではありません)。初出時にあまりの描写に小説掲示板から削除されてしまった部分などを復活。お読みになる前に「体験版」などにある「ご注意」をご確認ください。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
電気拷問収容所
電気拷問収容所


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

女装M雌豚肉便器ちゃんのご奉仕活動♂♀

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 恥辱まみれ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です