FC2ブログ

いいなりドール 16 母はいまもどこかで生きている。

前回はこちらへ

 兄に連絡して、またGPSで居場所を探してもらうしかないでしょう。その前に、わたしもここから立ち去らないと。
「ねえ、ドットコム、どうしよう、これから」
「じゃ、おれ、君のことミユって呼んでいい?」
「だめ」
「ミユキ?」
「はい。それでお願いします」
 わたしのことを、ミユと呼んでいた彼がいて、そいつとの辛い別れのことを思い出すので、ミユはダメ。わたしをミユと呼べるのは彼だけ。遠くの学校に転校していった村越弦……。ユズ・ミユの愛は永遠なんだから。
 そのときです。
 バリバリバリと暴走族のような音が響き、見上げるとホテルの上の方の階で灯りが激しく点滅しました。
 どっと玄関から男たちが出て来て、彼らの呼んだらしいクルマが次々やってきて、慌てて乗り込んで走り去っていきます。
「ヤバイね」
 なにかが起きたのです。もう、父は死体でしょうか。
「ゆっくり逃げよう。慌てていると怪しまれる」
 わたしたちは恋人同士、または母じゃないですが、客をゲットした娼婦とバカな外人みたいな感じでそぞろ歩き。
 駅に向かいます。
「タクシー乗りたいけど、記録されるからダメだ」と彼。
「駅の方だって、カメラあるよ」
「うん。だから、駅が見えてきたら、バラバラに動こう」
「えっ? そうやって1人で逃げる気?」
「違うよ。そんなことしないよ。ただ、駅前になったら、右と左に分かれて、最後に駅の改札で会う。そうすれば、ぼくらが関係しているとは思われないよ」
 そう言いながら、彼はポケットからくしゃくしゃの布を取り出し、それを広げると、かっこう悪い帽子になりました。
「どう?」
「サイテー」
「ふふふ。それでいいんだよ」
「じゃ」
 とわたしは黒いマスクを取り出しましたが、「それはやめて」と彼に取り上げられました。
「怪しすぎる」
「ずるいじゃん、わたし変装ないし」
「じゃあ、レジ袋でもかぶれば?」
「ひどい。コンビニ行ったらもろ動画残るじゃん」
「下向いて歩け」
「マジかよ」
「スマホ見ながら歩いているやつ、珍しくないよ」
 しょうがない。それで行く。
「信じていいんだな、ドットコム」
「ああ。おれは日本生まれの日本育ちの日本男児だ」
 右側から彼は駅へ進み、左側からわたしは駅に進む。下を向いて、手の平を見て。まるでスマホでも見ているようなフリをして。
 そして改札。
「クソ野郎」
 ドットコムは、現れないのです。
 しばらく待ちましたが、待っているのも不自然なので、きっぷを買うふりをしたりしながら、うろうろしていたのです。でも、駅前にパトカーが2台やってきて、その赤い点滅を見ているとこれはヤバイと思い、しょうがなく電車に乗りました。
 やられた。
 ドットコム。まるで信用できない。
 でも考えてみれば、彼は兄が見つけてきた男です。父は兄の指示によってあの違法な銃を手に入れたのです。つまり兄はすべて知っている。
 いまに見ろ。
 家の玄関。そういえばこの家、ローンだろうに。父はそれを払い終わっていないのではないか。いや、父は死んでしまえばおそらく生命保険で……。
 生命保険……。
 なんだか無責任にワクワクしてくるのです。あのハレンチ野郎の父がこの世にもういないと思うと、胸のどこかがギュッと縮まるような痛みがあって、「ああどうしよう」とか「悲しい」とかそんな感情がいっきにわたしを支配して、なにもできなくなりそうです。
 だから、あのことだけを考える。つまり、わたしの布団の中に頭を突っ込んでいたときの父だけを思い出すのです。あんな野郎は死んで当然。
 血のつながっていない、どこのウマの骨とも知れないわたしと兄を育ててくれた父。母は浮気し放題で、売春までしていた勝手な女だったのに、そういえば、仲はよかったよね。
 よかったのかな。悪かったのかな。それすらも、薄ぼんやりとしています。家族が揃った思い出がほとんどない。父か母かどちらか。兄はいないし。少なくとも、わたしに対して母は文句ばかり言っていたし、「ちゃんとしろ」とか「大人でしょ」とか顔を合わせるとそんなことばかりだった気がする。
 母はいまもどこかで生きている。
 あれは、死なないタイプだ。あの現場から、まるで「お先に……」と消えるバイトみたいに忽然といなくなる技はすごい。ろくに服も着ていなかった。あのわたしが殺した男の血とか脳みそとか体にかかっていると思うけど、今ごろ似たようなホテルに入ってシャワーを浴びているのでしょう。
 鼻歌でも歌いながら。
 この一戸建ての玄関(すぐ横はガレージ)に、街灯に照らされて大きな物体があるのです。
 宇宙人が襲来したのか。ミサイルでも落ちたのか。
 近づくと、それは段ボールでした。目が悪いなあ、わたし。
 人が楽に入れるほどの大きな段ボール箱が3つ、ふたが開いたままで重ねられ、間から緩衝材やビニールがあふれ出ています。
 金持ちの兄が、なんかすごいものを買ったんじゃないか。
 急いで家に入ると、兄がいました。
「早いな。もう殺したのか?」
 すっかり忘れていましたが、そういえば、わたしと父は母を殺すために出たのであって……。
「まだです」
「ふざけんなよ」
 兄は、上半身裸、ステテコ姿です。
「殺すまで帰ってくるんじゃねえよ」
 口が悪くなっている兄。目も血走っています。
「あっ」
 思わず声が出たのは、階段から足のようなものが見えていたからです。兄も死体を? だとすれば誰?
「おっ、これは……」
 兄は体でそれを隠すように階段へ。わたしも追います。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★便所虫の歌★


DLSiteはこちら
DMMはこちら
アマゾンKindleはこちら
週末にマリカとして苦痛を求めてさまようOL。掲示板で出会う相手の要求のままに、激しい苦痛にもだえ苦しむ。その間の記憶は失われ月曜には勤務先に出社する。そこに別のマリカが挑戦してきた……。どちらがホンモノか決着をつけることに。負ければ永久便器となる。



★折檻部屋の風夏★
fuuka100100.jpg

DLSiteはこちら
DMMはこちら
アマゾンKindleはこちら
父母を香港のゴミ焼却所で惨殺された風夏は、大金持ちから一転して逃げ回る生活に。最後に学生時代の女友達を思い出して訪ねる。卒業前に奴隷になると誓っていたのだ。だが女友達は風夏に過酷な指令を出し続ける。ノワール風味の漂う作品。



エピキュリアン1

今日のSMシーン





テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年4月14日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 監禁日記
木曜日・金曜日
 被虐の家
土曜日・日曜日
 いいなりドール
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です