FC2ブログ

物語の物語 不公平と偏在

18050804.jpg

 こんにちは。あんぷらぐど(荒縄工房)です。「物語の物語」は、SM小説にどっぷり漬かる私が、ほぼ毎日作品を書き続けているときに気づいた、物を語ることの不思議、おもしろさなどを綴っています。

 音楽では、サビ(ブリッジ)にいくまでのAメロ、Bメロという「旅」があります。その前にイントロ(つかみ)があります。そして最後にアウトロ(余韻)があります。
 ですが、私たちが曲を聴いて最初に覚えるのはサビ。つぎがイントロでしょうか。かつて「イントロクイズ」があったように、強烈で印象的なイントロで曲名を思い出せる人は多いのです。
 それでいて、Aメロに入ったとたん「ふふふふーん」と怪しくなる人も多いはず。このあと高くなるかと思えばならず、低くなるかと思えばならず。そういうメロディーが続きます。そして待ちに待ったサビ。ここで大合唱。
 つまり曲の「いい部分」がサビに凝縮されている。イントロに凝縮されているということです。
 物語は、不公平と偏在から成り立っています。

 物語は何度も繰り返して楽しめる音楽と違い、長い作品だと一生涯に一度きりしか読まない場合がほとんどでしょう。
 そのとき、読んだ者に残るのはイントロなのかサビなのか。明確に残るのはアウトロだったり、全体を通してインプットされた雰囲気だったり、印象的なシーンやセリフだったり。不公平なようですが、書き手も読み手もどこかに注目し、それが凝縮されたところに熱くなるのではないでしょうか。
 つまり、濃い部分が自然に、または意図的に出来てきて、そこだけが印象としていつまでも残るのではないか、と思うのです。
 その意味で、物語の構成をこうした音楽であるとか、耳にタコができる「起承転結」などになぞらえて考えることに、どれほどの意味があるのかなという気がしてなりません。
 むしろ、一度きりの一筆書きの旅なのですから、そんな明確な構成をしっかり作ってから書くなんてあり得ないのではないか。
 大切なことは不公平さと偏在にあるのではないか、と思ったりもします。
 起承転結で構成を考えると、濃淡の差があまりない、かえってつかみ所のない作品が出来やすい気がするのです。
 物語は平等ではない。不公平です。そして偏ってるのです。明らかな濃淡を描くことのほうが構成より大切な気がしてなりません。
 連載マンガはいつ終わるかわからない。場合によっては永遠に終わらないかもしれない。先日、完結が話題になった「ドカベン」は、最初柔道マンガではじまったのですが、途中で野球にチェンジ。中学時代は柔道、高校進学で野球となっているので問題はまったくないのですが、大胆です。
 書く前からそんな構成を思いつく人は少ないでしょうし、思いついたとしても柔道編で打ち切り(完結)となっていても不思議ではありません。
 ですが、「ドカベン」には大きな意味での濃淡が明確に作り出されており、愛読者にとってはその濃い部分の印象は長く残っているのではないかと思います。
 どこを濃くするか。どこを薄くするか。いかに不公平に表現するか。それが大切なのではないでしょうか。
 通常、作者の頭の中には、大まかな構成(大好きなストーリー)が常に存在していて、表に出せるのはそのうちの一部だけです。
 一人の人間が生み出す作品は、何作だろうと全体で一つの作品だと考えることもできます。
 私自身、いま書いているものは、頭の中にある大きな構成の一部を抜き出しているのではないかと感じることもあります。
 その中でも不公平は生じます。なにかを公平に表現するなどということは、表現にとっては意味のないことではないかとさえ思うのです。
 たとえば、町の姿を詳細に描写するのか、それとも草の葉にのっている一滴の露を詳細に描写するのか。それは書き手の自由です。
 濃淡をしっかり作ることができれば、読者は濃い部分か、あるいはむしろ淡い部分の印象が残りやすいはずです。
 読む側として「おもしろい」と思える部分は物語のどこかに偏在しています。ですが、読者のことを書き手はわかっているとは言えないので、いくつかの偏在を意図的に仕掛けていくことになります。
 スポーツ漫画では、大きな流れでは、競技を通して主人公たち成長すること。成長を実感するなにかを得ることで終わるのです。
 そのための練習場面だとか競技場面も多くなるので、そこにいかに濃淡をつけて描くかは大きな問題です。なにかをくっきりと浮かび上がらせるようにしたいのが作り手の思いでしょう。野球でいえばスコアボードのように数字が淡々と並ぶような作品では、読み手はちょっと楽しめません。
 点を取るシーンか、点を取られるシーンか、点が入らないシーンか。そうした中から選んで濃く描く必要があります。
 スコアボードでは「0」ですが、その「0」に至る物語がたっぷりあっても不思議ではないからです。ですが、9回分の表裏のどの回のどこの「0」かに、濃い部分が潜んでいる可能性はありますが、すべての「0」ではないのです。飛ばしてもいい「0」もあるからです。
 この長い旅のどこに「おもしろさ」を見つけるかは読者によって違いますので、複数のキャラクターを配置して、ストーリーを多層的に複雑にし、多角的に描いていくことになります。大胆に視点を変えていく必要も出て来ます。
 ストーリーや構成は音楽よりも複雑にしてもかまいません。舞台やキャラクターを安定させることで、物語を見失うことはあまりないはずです。とくに成人を対象にした作品なら、「もっとシンプルに」とか「わかりやすく」といった指導的な意見には徹底的に逆らってもいいと私は思っています。
 いかに濃い部分を濃く表現するか、薄い部分を薄く表現するか。そこには思いきり気持ちをこめていいのではないでしょうか。

(協力:エピキュリアン 頚椎固定ギプス(ギブス)


小説(官能小説) ブログランキングへ

★堕ちる AとV 1★

kindle版はこちらへ
DMM版はこちらへ
DLSiteはこちらへ
水絵は拒絶しながらも体は求めてしまう。被虐世界に流されていくOL。発端はAV出演疑惑。同僚たちに裸にされて比較され、やがて同僚たちの嗜虐性に火をつけてしまう。奴隷として私物を没収され、野外露出、浣腸、拡張、種付けとエスカレートしていく。


★乱舞★
ranbuTitle100100





DMM.R18版はこちらへ
DLSiteはこちらへ
アマゾンkindleはこちらへ
その恋は危険な世界への扉だった……。勤務先のエレベーターで見初めた彼女は、とあるバーでアルバイトをしていた。彼女を雇うことにし、同時にオフィスでの調教をはじめる。自分の求めた女なのかを確かめるように、過酷な責めを課していく。やがて取引先の接待要員に使うことに。果たしてSMと純愛は両立するのか。


エピキュリアン1

今日のSMシーン

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

女装M雌豚肉便器ちゃんのご奉仕活動♂♀

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 露出の気分
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です