FC2ブログ

監禁日記 33 4日目(6) 拷問と処刑の地下室

前回はこちらへ

「まだ生きていた?」
 彼が戻ってきました。遊具から外されて、うっすら雪の積もった地面に倒れていました。意識がなかったようです。彼はわたしの裸の体を乱暴にマッサージしてくれていたようです。
 意識が戻っていくときは、どんな拷問よりも苦痛でした。このまま死なせてほしかったです。目を開けたくなったのです。
「があああああ」
 彼が乳首や指先や、敏感な尖端部分を無慈悲にしごくとき、わたしはその痛みに泣き叫びました。
「ふふふ。凍傷にはなっていないか。しもやけにもなっていないかもな」
 ガクガクと、口をじっと閉じていられないほどの寒さです。
 死にたい……。いまなら、痛みを感じることなく死ねるかもしれない……。 
 そこにある現実を受け入れたくなりました。
「来い」
 四つん這いで地下室へ戻されます。
 地下室が暖かくてホッとするなんて、どうかしています。そしてわたしに食べさせるおぞましい食事の臭いや、自分が発する獣のような臭いが、むっとさせるのですが、彼は平気みたいです。
「新しい義務を追加してあげよう」
 暖かさにホッとし、心臓が普通に動いていることに感謝しているわたしに、見せつけるように彼は紙に書き殴っていくのです。長いです。
「読んでごらん」
 いままでで、一番読みにくい文字。乱雑です。どうしたのでしょう。なにがあったのでしょう。友香を送っていく間に、なにを話したのでしょう。
「はやく読め!」
「はい。義務その9」
 目で文字を判読し、その内容に驚きながら、大きな声で読みました。
「人形は進んで懲罰や拷問を受けること。『罰してください』と『拷問してください』は、1日1回以上、はっきりと言うこと」
 言えば罰せられたり拷問を受けるのです。言わなくてもそうです。どっちにしろ、この狂った兄妹たちはわたしをボロボロにして殺して楽しむつもりなのでしょう。
「意味はわかるよね? さっき外でやったのはまだ序の口。もっと痛くて死にそうなほどの拷問をしてみたいんだ。きっと楽しいよ」
「死んでしまう……」
 思わずボソッとそう言っていました。
「なんだ。茜は死ぬのが怖いの?」
 彼が近くにきて、髪を撫でてくれます。
「怖いです」
 さっき、あれほど望み、すごく近く感じた死が、いまは怖いのです。
「そう。だけど、ぼくたちは、毎日、茜をどんな拷問にかけてあげようか、どんな懲罰をあげようかって考えているんだよ。すごいだろう?」
 キチガイ。
「ああ、そうだね、わかったよ」
 彼はやや大人しい声になりました。
「ぼくにもわかってるんだ。これがちょっと間違っていることかもしれないってね。だけど、成功しちゃったんだ。君はここにいる。ぼくたちは疑われてもいない。誰も、ここに君がいることを知らない。ぼくたちが君を監禁していることも知らない。みごとだ。成功するってことは、このままやり続けてもいいってことだよね?」
 違うと思う。誰がそんなアホみたいな理屈を考えたのでしょう。
 友香でしょう。
 彼女は兄がしたいことを知っている。だから、兄がやる気をもっと出すようにコントロールしているだけなのです。彼女はきっと、自分の肉体を犠牲にして彼が好きな言葉を学んだのです。
「あのう」
 なんとなく、話していい雰囲気がありました。
「なに?」
「ご主人様のご両親はどうされたんでしょうか? 心配していませんか?」
 彼は、ぷっと吹き出しました。
「ご両親? そんなのいない。とっくの昔」
「どこに行ったんですか?」
「これから話すことは、友香には絶対に言うなよ」と彼は怖い顔をして言うのです。
「言いません。絶対に誰にも」
「親は死んだんだよ。そこで」
「えっ」
 鉄のイスを示しました。
 ゾッとしました。
「父親は母を拷問して殺したんだ。ここでね。ぼくたちは小さかったけど、はっきり覚えているよ。裸の母がどんな目に遭ったのか。最後は……」
 天井を示しました。
 水を入れたのです。
 この拷問と処刑の地下室は、彼らの父親が作ったのでしょうか。
「ここはね。祖父が作ったんだ。いろんな女を連れ込んでは、ここでいやらしいことをしていたんだって。ある日、父のことを叱りつけたんだけど、父は頭にきて祖父を殺したらしい」
 殺人一家。
「父は次に母を殺した。祖父を殺したことで文句を言われたらしい。だけど、ぼくたちを殺すことはできなかった。どうしてだと思う?」
「かわいいから?」
 ハハッと短く彼は笑いました。
「違う。殺される前に殺したからだよ」
 意味がしばらくわかりませんでした。
「友香が学校に上がるぐらい。かわいくて小さい彼女を、父は裸にしてそのイスに縛り付けたんだ」
 彼はふらふらっと部屋の中を一周してきました。
「ぼくには選択肢があった。父はぼくをけしかけて、友香を拷問して殺させようとしていた。それはぼくもやってみたい。確かにね。友香はそれぐらい可愛かった。殺したいぐらい……」
 サイテーのやつら。
「だけど、考えたんだ。ここで友香を殺したら、次は誰を拷問にかければいいのかなって。友香を殺さなければ、ずっと拷問し続けて遊ぶことができるよね。父はそういうタイプじゃない。最後に殺してスッキリするのが好み。次の獲物を見つけて来なくちゃいけない。父にはそれができたみたい。たとえば再婚したいと見合いをしたりして、誰かを見つけてここに連れてくるわけだよね。それは父には楽しいだろうけど、ぼくにはぜんぜん楽しそうには思えなかった。だって、見ただろ?」
 彼は股間に手をやりました。
「こんな風に改造させられてさ」
「改造? お父さんに?」
「ほかに誰がいるんだよ。こんなことするヤツ」
 あの彼のものは、彼の父親によって作られたというのです。息子の体を異常なものに変えていくなんて……。
 異常な父親は、友香をあっさり殺す気はなく、じわじわと苦しめて殺したかったのです。そのために兄の性器を凶器に改造し、それで友香を……。友香は、父親と兄に責め殺されていく予定だったのです。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★縄味1★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
若き人妻は「なわみ」というハンドルネームで緊縛写真をネットで見るようになり、写真展に立ち寄ります。そこでカメラマンにモデルに誘われる。顔出しNGで緊縛モデルのテスト撮影をしたところ、唯一顔の写っていた写真がネットに流出。義兄の目に止まってしまう。



★縄味2★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
「縄奴隷なわみ」として義兄に脅され恥辱にまみれたデビューを強要される。野外での撮影会で人妻奴隷の限界を超えてしまい、残酷なショーに出演することに。哀しくも完全奴隷化されていく。



エピキュリアン1


今日のSMシーン


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

女装M雌豚肉便器ちゃんのご奉仕活動♂♀

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 恥辱まみれ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です