FC2ブログ

監禁日記 44 5日目(7) 本物の豚みたい

前回はこちらへ

「うれしいよ」
 彼が離れていきました。
「舐めろ」
 精液と血。それに白っぽいなにか。わたしの牝の汁のようです。それを丁寧に舐め取りました。彼のそこは熱くまだ固いのです。
「ふー」と大きく息を吐きながら、彼はズボンを直していきます。その息がマンガの吹き出しのように大きく白く広がります。
「茜、感じたの?」
「はい」
「じゃあ、そのお尻を見せてよ」
 再び階段に倒れ込むようにして、彼女にお尻を向けると、バシッと平手で叩かれました。
 彼女の悔しさが手に取るようにわかりました。
 冷たく鋭い指に性器をこじ開けられ、中に注がれた彼の精液を、かき出すのです。
「こんなにたっぷり入ったら、妊娠するかも」
 今日のいまの彼は、これまでの彼とは明らかに違っていたのです。わたしと彼の関係は、妹の友香には入ることのできない世界を作り上げたのです。彼女にはそれが瞬時にわかり、だからわたしをいじめるのです。
「茜ってホント、いやらしい女だわ!」と友香。
 乱暴に背中のデイパックからなにかを取り出すと、バチンと大きな音を立てて、お尻を叩きました。
「ぐっ」
 わたしは冷たい階段に倒れこみました。
「手すりにもたれて」
 立たされ、手すりにお腹をつけました。肌がくっつきそうなほど冷え切った手すりです。デイパックの重さで向こう側へ落ちそうになりますが、それを彼の手が支えます。
「えいっ!」
 友香は気合いを入れて、大きなラケットのようなもので、お尻をぶちのめすのでした。
 バシーン!
 人の体を叩くと、谷間にこだまするほどの音になるのです。冴え冴えとした空気を、わたしのお尻を打ち据える音が伝搬していくのです。誰か、このあたりにいる人の耳にも届いたに違いないのです。
「あうっ」
 最初の一撃は痛みのあまりに声も出ません。すかさず彼が「これを噛め」と、鉄の芯がはいったゴムの棒をわたしの口に押し込みました。それをベルトで後頭部でしっかり引き絞ると、うめき声しか出ません。
 さらにその上から、分厚いレザーのマスクを取り付けてしまいました。
 バシーン! バシーン! バシーン!
 重い衝撃に全身が震え、しがみついている手すりも震えます。
「ぐううううう」
 うめき声は響きません。肌をぶちのめす音だけが高らかに響いていくのです。
 痛いし、お尻は腫れ上がっていきます。
 それでも、わたしは友香には手に入らないものを、手に入れた悦びを感じていました。しっかりと。わたしを支える彼の手から伝わる温もりが、それを確信させてくれました。彼は優しい。友香は残酷なだけ。
「おい、友香。雪がひどくなりそうだ。帰ろう」
「え、もう?」
「続きは向こうでやろう。戻れなくなったらマズイよ」
「そうね」
 ヒリヒリと痛むお尻をふりながら、クルマまで四つん這いで戻っていく間にも、あたりは真っ白になっていきました。いつしか細かい雪が降り続けているのでした。
「ここなら、いいでしょ」
 雪はすぐ近くの木々も霞むほど激しくなっていましたが、友香は地下ではなく、外でわたしをいじめたいのです。
 廃屋に横付けした車から降ろされると、コンクリートの窓枠にお尻を外に出して、手すりと同じように押しつけられました。
 ガチャガチャと音をたてて、友香と彼はわたしの手や体にベルトやハーネスを取り付けていくと、窓枠の上に取り付けられたボルトにロープを引っ掛けて、わたしを吊り下げたのです。
「茜は、捕まったタヌキよ」
 窓枠の中に、わたしは手足をまとめて縛られて、吊り下げられました。手の枷と足の枷は、わたしにかなり馴染んできています。それでもあまりにも寒いので枷は鉄のように固くなっていて、地下室でやられる何倍も皮膚に鋭く食い込んでくるのです。このまま手首足首が切り取られそうです。
 彼はロープを体につけたハーネスにも回すようにして、分散されていくと、痛みは少し和らぎました。
 彼女はラケットでわたしのお尻を叩き続けます。
「見て。赤くなってきた」
「内出血してるね」
 ぎゅっと彼にお尻の肉を握られます。痛いけど、うれしい。
 それなのに、友香の指はまた割れ目を拡げると、恥ずかしい部分をいじってくるのです。
「ここもいじめたい」
 爪先が、性器の上の方に当たります。
「茜。おし○この穴、いじめてあげるね」
 口を塞がれたので、なにも文句を言えなくなりました。
「がうっ」
 鋭い痛み。
 そこをいじめられるなんて。
「ほーら、入った」
 頭をあげて、向こうを見ると、20センチ以上ありそうな細い赤いローソク。それがわたしの股間から突き出ていて、友香も彼も、手を触れていないのです。わたしが動くと一緒に動きます。
 おし○この穴に、ローソクをねじ込まれたのです。
 火をつけようとしても、風が時々強くなってうまくつきません。それでもポッと炎があがりました。
 いったんついてしまうと、少々の風では消えません。炎が左右に揺れて、わたしの足を焼くのです。
「お尻、すごく腫れてきたよ」と彼が優しく言うのですが、その手には、金属の細い串があります。特殊なものらしく、ちゃんと持ち手がついているのです。
 彼はラケットで腫れ上がったお尻の肉を掴み、そこに串を突き立てました。
「がぐううううう!」
 すごい力で、無理やりそれを突き通すのです。見えませんが、肉に穴があけられていく強烈な痛みに悶え苦しみます。
「いいわあ、茜。本物の豚みたい。もっと泣いて」
 棒を噛まされてマスクをされたせいで、彼らにはわたしの悲鳴は獣のように聞こえるみたいです。
「こっちもだ」
「ぶひいいいいいい」
 もう一本の串を突き刺されて、左右のお尻に貫通したようでした。
「どう、茜」
 友香はその串をゆっくり持ち上げたりするので、わたしは痛みから逃れたいから体を浮かせようとするのですが、貫通していることがはっきりわかるだけなのです。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★隷獣 郁美モノローグ版★
隷獣
Kindle版はこちらへ
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
女子大生がケモノとして飼育される 山ガールを楽しんでいた郁美は、同級生の有希恵に「隷獣」としての素質を見出され、山小屋でケモノに堕ちるための調教を受けるのだった……。伝奇SM小説『隷獣』は、郁美のモノローグに書き改められ、ブログにはない結末が追加されています。


★妹は鬼畜系★
RJ106932_img_sam
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
義理の妹に調教される兄「ぼく」。義妹のケイに、さらに義母に調教される。男の娘として男性たちのオモチャに、トーチャー・クラブの生け贄として拷問へとエスカレートしていく。コメディ要素あり。


エピキュリアン1

今日のSMシーン





テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

M男の人間便器動画

熟女M男文字コラ@五十路熟女シングルマザーセリフ付きエロ画像

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から



Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

刺若忘備録

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2019年4月9日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 伝奇SM「牛頭伝説」
木曜日・金曜日
 バイオレンスツアー
土曜日・日曜日
 恥辱まみれ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。




「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。



ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です