FC2ブログ

監禁日記 47 6日目(3) もっと深く、突き刺して

前回はこちらへ

「ぼくにどうしろって言うの」
「ただ、わたしの体をご主人様に使い続けていただきたいだけです」
「ん? なに、それ」
 冷たいようでも、少し心が動いたのではないかと思いました。でも、彼は、わたしの乳首に刺さっている串をさらにねじ込もうとします。
「ああっ、痛い! ゆ、友香は、きっとわたしのことを恨んでいるのです。だから、ご主人様よりもずっと早く、わたしを破壊し尽くすつもりです」
「なにを根拠に。茜は友香の親友だろう?」
 わたしは覚えているのです。バレンタインデーの日に、友香が送った男子から、わたしはホワイトデーを貰っていることを。
「そんなことがあったの? でも、それだけじゃね」
 右側の乳首に、明らかに串は深く突き刺さったのです。一滴の血がネジに沿って流れ落ちました。そして左の乳首にも手をかけました。
「友香は怖いです」
 テストでもなんでも、わたしは友香より少し上の成績です。友香は必死にわたしに勝とうとしていたようですが、いつもちょっと上。
「なるほどね」
「ああっ」
「ここまで埋め込むからね」
 串の半分ほどを彼は指先で示すのです。そうなったら、尖端は、肋骨に到達してしまうのではないでしょうか。
「できれば、肋骨に直接、突き刺したいんだよ。そうすると、しっかり突き刺さって、いつも同じ角度に乳房と乳首が保たれるんだよ。すごいでしょ、おっぱいにも骨が通るわけだよ」
 そんな酷い……。人間じゃない。
「友香に聞いてみてください。友香はわたしを殺すつもりですから。ご主人様が思っているよりもずっと早く」
「そんなことないさ。ぼくたち兄妹には隠し事はないんだ」
「そうでしょうか……」
 わたしは思い切ってウソをつくことにしました。そうでもしなければ、彼はいっきに串を本当に肋骨まで突き通しそうだからです。
「男子とキスをした話は?」
「えっ?」
「遊びじゃないんです。友香は本気でした。結局、フラれたけど。その理由がわたしにはわかりませんでした」
 いまならわかります。友香の体は傷だらけ。兄の性欲の捌け口として必死に肉体奉仕をしていたのですから。
 好きになった男子とエッチなんてできないのです。拒み続けているうちに、うまく行かなくなっていったに違いありません。せめて見せたり触らせたりすることに抵抗がなければよかったのでしょう。
 友香は、触れるだけでもきっと抵抗があったに違いありません。
「そうか。そんなことがあったのか。それは聞いてみなくちゃな」
 彼の目に残忍な光をわたしは見ました。
 信じていた妹。秘かに裏切ろうとしていたのです。
 この話は半分本当ですが、半分はわたしの創作です。友香にはわたしの言ったことをウソだと証明することはできないでしょう。
 わたしをこれ以上酷い目に遭わせても、わたしだってウソだとは言わないでしょう。死ぬだけです。殺すなら、体をズタズタにされるよりも、簡単にあっさりと殺してほしい……。
「ああっ」
 彼はわたしを見ながら笑いもせず、さらに乳首の串をねじって深く入れていくのです。
「感じるか?」
「だ、大好き……」
「茜はとうとう、変態になったね。痛いことが欲しくてしょうがないんだろう? 酷い目に遭えば遭うほど感じてしまうんだろう?」
 ハッとしました。
 友香も彼も、わたしをそういう人間にしたいのです。監禁して酷い目にじわじわと遭わせていけば、そういう人間になると信じているのです。なにをされても、わたしはまだ希望を失っていないし、生きるチャンスを求めているのに、そんなことを想像もしていなのです。
 もしかしたら、彼の親もその親も、そうやってここで拷問を繰り返して、相手を彼らが言う「変態」にしていったのでしょう。
「あ、茜は、変態です」
「そうだよね」
「もっと深く、突き刺して。茜のオッパイを串刺しにして」
 彼の指が止まりました。ねじるのをやめたのです。
「うれしいよ、茜からそういう言葉が聞けて」
 きっと彼の中に微かにあったはずの罪悪感は、いま、すっと薄れていったに違いありません。
 相手が本心から屈辱や羞恥や痛みを喜んで受け入れるようになったかどうかは関係ないのです。彼が思うようなことを言ってくれればそれでいいのです。満足なのです。
 思えば義務を課すことは、不規則な反応をさせないためでしょうし。
 わたしをいじめるためだけではなく、彼らは自分たちが安心して悪いことをしたいのです。彼らによって死んでいった人たちが、苦悶の中で喜びを感じているに違いない、と決めつけて、だから彼らは後悔するどころか、新たな犠牲者を見つけてわたしのようにするのでしょう。
 もしいまわたしが死ねば、友香はほかの友達を罠にかけるでしょう。誰でしょう。友香が好きな子、それとも嫌いな子。よりどりみどり。紗綾、汀、明奈、佐智子……。佐智子はないな、と思います。佐智子は友香の誘いには絶対に乗らないでしょうから。
 でも、強引に彼と組んでここに連れ込むかもしれません。
「友香に聞いてみよう。そうすればハッキリする」
 彼はいつの間にか決意していたようです。
「たしかに、友香のおまえに対する気持ちは、ちょっとおかしいところがあるかもしれない」
 わたしは、魚がエサにしっかり食いつくまで、黙ってじっと待ちました。針まで飲み込んでほしいのです。
 彼は、わたしの手をイスから解放すると、天井からの鎖にひっかけて吊るしました。
 最終的に、部屋の中央で大の字に吊されました。手首がちぎれそうに痛いのですが、たかぶった彼はわたしのことなどおかまいなしに、イスにのぼってお尻の穴に狂暴な彼のものを突き入れてきました。
「ぎゃっ」
「茜は痛いことが大好きだ」
「大好きぃぃぃぃ」
 傷に塩をすり込むというよりも、大粒の砂利をなすりつけてくるような、激痛。
「こっちもだ」
 ふいにお尻から引き抜くと、性器に突き入れます。こっちも切り裂くような痛みが再びやってきます。
 それだけではなく、興奮した彼は、子宮を潰すように奥までゴンゴンと突いてきて、お腹の内側から殴られているようでした。
「ふー」
 彼はやっと気が済んだのでしょうけど、わたしは股間から血や彼のものや自分の体液を垂れ流すまま、吊り下げ続けました。
 だけど、彼は間違いなく、これから自分がやることに興奮していたのです。それがわかってうれしいのです。
 痛みの中で、ひたすら祈りました。彼が友香をどうにかしてくれるように、と。
 どれぐらいたったでしょうか、友香と彼が部屋に入ってきました。バタンとドアが閉まると「なに?」と友香はいつもと違う生意気な調子で彼に当たっていました。
「遅いじゃないか」
「帰りのバスがなかなか来なかったの。知ってるでしょ、あのバス。だったら迎えに来てくれればいいのに」
 すると、彼はいきなりバシンと友香の頬を張り飛ばし、友香は壁にぶつかるほど吹っ飛びました。頭をゴンとコンクリートにぶつけたところを、彼は襲いかかり、そのままイスに押しつけるようにしたのです。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★お嬢様はドM 第一部★
お嬢様1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
少しドジなお嬢様・丸木戸恵梨香(20歳)がマゾの衝動にかられてじわじわと屈辱的な「ドMのゴキ」となっていきます。ブログ公開版に未発表の2エピソード追加。



★お嬢様はドM 第二部★
お嬢様1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
お嬢様として育てられた恵梨香は、M性に目覚め執事の息子の遠隔調教を受けることに。執事夫妻、代理として屋敷に入り込んだ男、巨根の運転手、そして調教のプロたちから日夜、心身の限界まで責められていく。さらに大学の友人たち、婿候補の子息たちにも……。 未公表部分追加。


エピキュリアン1

今日のSMシーン



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

女装M雌豚肉便器ちゃんのご奉仕活動♂♀

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 露出の気分
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です