FC2ブログ

被虐の家 61 「叩かれると感じちゃうんだもん

前回はこちらへ

「ちょっとマーカー、貸していただけますか」
 会員が出てくる。
「ええ、いいわ」
 その男は、マーカーを桃江の尾てい骨の尖端あたりに押しつけて、斜め上に跳ね上げていった。
 笑い声がまた起こる。
 螺旋を描く豚の尻尾。
 落書きなら笑い事ですむ。それを一生、身につける女の気持ちはどうなのか。
「じゃ、ぼくも」
 会員は、背中の左側に、やはりうねうねとしたものを描きはじめた。
「おーい、そりゃないよ」とか「マジか」といった声があがる。
「これもつけて、と」
 男は軽く仕上げて、立ち上がった。
 そこには、典型的なとぐろを巻いた人糞の落書き。ご丁寧にその上を3匹ほどのハエが飛ぶ。
「冗談はそのぐらいにしましょうよ」と春川は、だいぶ気が晴れたらしく、余裕を持って、マーカーを再び手にすると、背中に向かった。文字を書いているようだ。
「これは入れたいの。本気よ」
 そこには、「家畜奴隷 桃江 みなさまの肉便器」と書かれていた。
「いいねえ、しびれるよ。そんなに大きく刺青を入れたやつは見たことがないよ」
「確かに。似たような言葉でも、小さく、ちょっと入れるってのはあるけどね。これだけ大きいと迫力がある」
 惨めな姿を笑われ続けている桃江だが、まだ自分の身になにをされているのかハッキリ見たわけではないのだ。おそらく、そんなものを背負わされたら気が変になってしまうのではないだろうか。

 土曜日。桃江は浴室の鏡で自分に描かれた落書きを眺めていた。
「おねえちゃん、大丈夫?」
 千絵が心配する。
「ええ。大丈夫よ。心配しないで。それより、あなたの体はぜったいに汚させないから」
「いいの。わたしだってウンチの絵を……」
 思わず桃江の平手が千絵に飛ぶ。
「バカなこと、言わないで!」
 桃江は覚悟を決めている。修造はすでに狂ってしまったようだった。自分がしっかりしなければ、妹を守ることはできない。
 桃江と千絵に価値がある限り、春川でさえも、修造にしたような酷いことはできないはずだ。カネを生み出す限り、骨までしゃぶり尽くす気なのかもしれない。それでも時間を味方につければ……。
「千絵。頼むから、軽く考えるのはやめて。私たちは大変なことになってしまったの。体は汚されている。妊娠するまでやるでしょうし、妊娠したらおもしろい実験動物としてまた酷いことをされる。だけど、生きていれば、必ずチャンスはくる」
 千絵は一瞬、そんなことは信じられないという目をしたものの、桃江の心情を思って「わかった」と返事した。
「おねえちゃんはもうどうなってもいいの。ボロボロにされて、こんな絵を体に消えないように彫り込まれてもいい。だけど、あなたはきれいなままでいて。お願いだから」
「うん。でも、わたし、もうきれいじゃないよ」
「なに言ってるの。外から見て、誰が見てもきれいだったら、それでいいの。過去になにをされたかは関係ない。あなたが黙っていればそれでいいんだから」
「そうね。信じる」
「叩いてごめんね」
「いいの」
 姉妹は抱き合った。「おねえちゃんにぶたれて、ジーンって感じちゃった」と千絵は笑う。
「えっ?」
 2人とも全裸のままだ。千絵は指を自分の股間に入れて、すくうように滴る愛液を姉に見せる。
「叩かれると感じちゃうんだもん」
「かわいそう」と再び桃江は千絵を抱き締める。そして「絵と文字が消えないように、なぞって」と千絵に頼んだ。
 シャワーを浴びたぐらいでは落ちないが、石鹸で少し薄くなった。クレンジングクリームなら完全に落とせる。だが、桃江はあえてそれを落とさないで土曜日に客の前に出るつもりだった。いまはただの落書きだが、春川はそれをタトゥーとして彫り込むつもりなのだ。だったら、もう掘られたのも同然。ここで、姑息にきれいに文字を洗い落とすよりは、そのまま見せつけるほうが桃江には気持ちがよかった。春川に負けたくない。たとえ春川が、昨夜、一瞬の激情にかられてやったことだとしても、やられた側は忘れない。それを知らせたい。
 春川と真知子は会員の医師を連れて来て、簡単な健康状態の確認をし、性器やアヌスの状態を調べた。
「問題ないですね」
 医師も会員なので、よほどのことがない限り彼女たちを休ませるはずもない。
「今日は点滴のみ。食事なし」と春川に言われ、桃江と千絵は、ゆっくりと点滴を受けた。
 腹の中を空っぽにしているのは、そのほうが都合がいいからだ。
 受け身である彼女たちは、生きていられるだけのエネルギーがあればいいということだろうか。
「にんにく注射をしてあげます」
 点滴が終わったあと、2人は注射を受けた。
 数千円の注射だ。この診察費用も姉妹の負担となる。
「よかったわね。毎日、輪姦されても平気よ」と真知子。
 午後になって、いよいよ開場の時間となった。
 淵野は数名の会員の手を借りて、修造を部屋の隅にオブジェとして飾る作業を終えたところだった。
「ありゃ、もうダメだな」と真知子に告げた。
「どうして」
「見ればわかる」
 春川がやったことだ。その結果、修造は……。
「いやああああ!」
 桃江が階下に戻されて、暴れた。
「うるさい! 静かにしないとぶちのめすわよ!」
 真知子は鋭く竹笞を桃江の尻に打ち込んだ。
「あっ」
 涙をいっぱい溜めて、桃江は黙った。家畜だから。人間ではないのだから。あれだけ愛した男の変わり果てた姿を見せられても、なにもできない。黙るしかない。
 千絵は素直に自分から檻に入った。
 桃江も続いた。落書きされた体は、昨日とはうってかわって、非人間的だった。艶めかしくエロスを振りまいていた桃江は、今日は薄汚い家畜に成り下がっていた。千絵と同じ種類の生き物には見えない。
 そんな効果があるとは、と淵野も驚いた。もしあの落書きを永遠に消えない刺青として体に刻み込んだら、桃江も修造と同じく人間ではなくなる。
「まあ、ホント」
 真知子も、修造には驚いていた。
 マスクのない修造。全身の毛をすべて剃られていた。眉もない。開口器で大きく開かれた口には、無造作に3本ほど太いロウソクが立てられている。火はまだついていない。耳の穴、鼻の穴にも細いロウソクが差し込まれていた。額には平たいロウソクがテープで貼りつけられている。
 後ろ手に縛られ、天井から仰向けに吊されている。頭は低い位置にあり、そこから胸板、腹とやや斜めになっている。そこにも容器に入った丸いロウソクがいくつも貼りつけられていた。足は体の側面に折り畳むように縛り付けられており、陰部からアヌスまでが露骨に剥き出しになっていた。そのあたりは、頭より高い位置にある。
 胡座縛りのまま横倒しにされたような格好に似ているのだが、手足の戒めは脱臼してもいいというほど厳しく、人間扱いされていないことは明らかだった。
 ムリに足の裏を上に向けられていて、そこにも丸いロウソクがあった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★M穴地獄―デッドライン―★
 

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
自虐の虜となった女子校生が自分の肉体破壊に突き進んでいく。物語はデッドライン(引き返すことのできないところ)に向かって、エンディングと発端から交互に描かれる。結末はわかっているのに、読み進めるしかない破壊的な磁力を発する作品。



★玩具にしてください! 変態女子校生・菜津希★
gang1100.jpg 

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
陸上部の女子・菜津希はそのことが頭から離れない。練習中に公園の隅に暮らす汚れた人たちを見たときから、肉体をその人たちに汚してほしいと願うようになる。それはやがて理解者であり脅迫者でもある人物を得て輪姦願望へとエスカレートしていく。鍛えた若き体を汚辱する快楽。

エピキュリアン1

今日のSMシーン


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

女装M雌豚肉便器ちゃんのご奉仕活動♂♀

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 露出の気分
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です