FC2ブログ

いいなりドール 47 おとなしく来れば、一瞬で殺してやる

前回はこちらへ

 クルマはわりと手入れのいい紺色の乗用車で、4ドアでした。エアバッグがふくらんでいて、後部に一人倒れているほか、前に2人いるようです。
 双子が先に行き、わたしは離れて、あとからついていきました。
 ここで死ぬのかあ。
 あくびが出そう。
 死ぬのは生きることの何倍も退屈でしょう。
 楽しいこと、なんにもなかったな。タカヨシとちゃんとセックスしておけばよかったな。ドットコムとでもチョットコムとでもいいから、やってみればよかったかも。夕べ、チャンスだったんじゃない? わたしからちゃんとアプローチしていれば、きっと彼らは応えてくれたはず。
 そうすれば、朝までぐっすり眠れて、あのジジイやエロ女のおかしな話を聞かされることもなく、平和に過ごせたに違いないのに。
 どのみち、このトラックには乗ったことでしょうけど。
 だけど、満ち足りた夜を過ごした上でか、そうではないかでは、まるで違うじゃん、と思うんです。
 後悔先に立たず。覆水盆に返らず。遠くの親類より近くの他人。
 ゲゲゲ!
 遠くの親類どころか、後ろの座席で倒れてるの、父っぽい。じゃあ、助手席は健介? 運転席は母のユキコ?
 そんなはずはないでしょう。
 そして何度も言うようですが、父は他人。
 慎重に銃を構えながら双子はクルマに接近していきます。
 後部のドアをあけて、中から失神しているらしい源蔵を引きずり出しました。
 源蔵は黒いトレーナーと黒い伸縮性のあるスラックス、丈夫そうなブーツ。頭にカーキ色の毛糸のキャップをかぶっています。特殊部隊の真似でしょうか。
「死んでるの?」
「近づくな」
 双子がそう言うし、わたしも怖いので、近づくのをやめました。
「これを持ってろ」
 双子のどっちかが、わたしに源蔵が持っていたらしい長い銃身の武器を放り投げました。
 ドサッと草むらに落ちたのを拾ったとき、父の体がダラッと倒れているのが見えました。死んでいるのでしょうか。
 助手席側のドアを双子が開けると、中にいた人影は、そのままバタンと外に倒れてきてクルマの横に。
 わたしのところからは誰か見えません。健介ではなさそう。体格からして、ずっと細いですが、母でもない。もっとゴツイ感じ。
 運転席はわたしのところからは見えないのですが、そっちに双子が向かったときでした。
 タタタタタタと軽い音がし、フロントグラスがキラキラと飛び散っていきました。
 双子は慌てて逃げ出し、それでも足りず草原に伏せました。
 撃たれたのでしょうか。ケガをしていても不思議ではないほど近くにいたのです。
 中の人物はエアバッグを脇にどかせて、なくなった窓から外に出てきました。ボンネットの上に立つのです。
 間違いありません。遠いですが、それは母。ユキコ。
 膝ぐらいの長さの黒いスカートを履いてるのです。それが風になびいてひらひらしています。足は黒いタイツで覆われています。上はセーターでしょうか。やはり黒のニット。母の体型がよくわかります。なにかを入れているのか、おっぱいを強調しています。
 とにかく野蛮な雰囲気です。
 手にしているのは、ドットコムたちが手にしているニセ物ではなく、純粋に本物の武器に見えました。銃身は長く、スコープのついたやつ。
 右手はしっかり引き金にかかっていて、銃口は下を向いています。
 タン、タン、タンと区切るように銃を撃ちました。
 もしかしたら、倒れた双子にトドメを刺したのかもしれません。
 この場から逃げるか。ユキコと戦うのか。
 どっちもしたくない気分ですが、決断しないといけないのかもしれません。
 どうしよう。
「ミユキぃぃぃぃぃぃ!」
 勝ち誇った雄叫びのように、彼女は吠えました。
 この広い野原いっぱいに、その怒りに満ちた周波数が浸透していきます。
「こっちに来い!」
 あれは母ではない。母はあんなじゃない。ありえない。
「おとなしく来れば、一瞬で殺してやる。わたしからそっちに行けば、そうはいかないよ」
 仁王立ち。
 だからって自分から殺されに行くやつなんていないでしょう。
「まず、おまえの目をぶっ潰す。それから指を1本ずつ折ってやろう。鼻をへし折ってから、歯を叩き折ってやる。顔が変形したところで耳を削いで、肩を外して、股関節も外そうか。そうしたら、おまえは逃げることもできない」
 どこから声を出しているのでしょう。そんなに大きいな声を出しているイメージがないのでビックリです。発声練習でもしてきたのでしょうか。舞台女優のつもりでしょうか。
「いいか。おまえたちは根絶やしにしてやるんだ。全員、ぶっ殺す」
 もし小向兄弟のどちらかが生きていて、スマホを操作できれば、彼らが自慢していたこの周辺にいるであろう仲間たちが、いまにもここに駆けつけてくれていてもいいはず。
 だとすれば、時間稼ぎ。
「いやです!」
 Ear、DEATH。
 逃げる。それしか思いつかなかったので、道路を走りました。来た道へ戻っているのかどうか、わからなくなっていましたが。
 なんとなく来た道へ戻ったほうが味方に早く会えそう。
 でも、自信ないな。
 それに、呼べばすぐ200人ぐらい来る、みたいな話、やっぱりこうなると嘘っぱちにしか思えません。
 草むらから何かが飛び出してきて、わたしに向かって銃のようなものを向けたので、「やめてえええ!」と叫んで、引き金を引きました。
 軽いタタタという音。母が持っているのと同じやつ。
「ミユキぃ!」
 源蔵でした。
 しばらく立っていた父は、拳銃を一発撃って、倒れました。
 わたしは源蔵を殺した。
「ハハハハ、やったね、あんた。ジェロームをやったみたいに」
 母が喜ぶことをしてしまったのです。
「これで2人目。ホントにヤバイのはあたしじゃなくて、おまえだよ!」
 パスッと耳の横を弾がかすめていきました。
 離れているのに、母はわたしを撃ってきたのです。
 近くにいるはずの双子は反撃しません。やっぱり、やられてしまったのでしょうか。
「うるせえ、クソババア!」
 草むらに腹ばいになって、慎重にクルマの上の人影を狙いました。母が撃った弾がここまで届いたのですから、同じ銃ならこっちの弾も届くはず。
 それにわたしはすでに2人、撃ち殺している。才能があるのです。
 スコープがついているのにそれの使い方がわからないのですが、右眼でスコープを覗いてもよくわからないので、左眼で母を睨み、軽くトリガーを引きました。スワイプするように。
 ほんのソフトなタッチなのに、「タン」と音がして、軽い反動があって、そしてクルマの上の人影は消えました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★『安里咲1』★

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
Kindle版はこちらへ
亜由美の拷問実験を目撃させられた美しき女子大生・安里咲。後継者として目をつけられ、女子寮のペットに。寮長たちによる過酷な調教が彼女を被虐の快楽に引きずり込みます。


★『安里咲2』★
arisa2100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
Kindle版はこちらへ
完結編。休む間もなく徹底した調教の果てに辿りついたものとは……。恥辱にまみれた公開調教から東欧の古城で繰り広げられる拷問ショーへ。


エピキュリアン1

今日のSMシーン



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

M男の人間便器動画

熟女M男文字コラ@五十路熟女シングルマザーセリフ付きエロ画像

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から



Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

刺若忘備録

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 恥辱まみれ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。




「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。



ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です