FC2ブログ

監禁日記 55 7日目(3) 罪を償うの。うれしいでしょ?

前回はこちらへ

 完全に冷たくなるまでそうしていました。
 引き抜くとき、鋭い角が引っ掛かって抜けなくなる恐怖を味わいました。
 このまま抜けなかったら、わたしもこうして死ぬのでしょうか。
 いえ、包丁でこれを根元から切断すればいい……。
 それはとても楽しいことに思えました。
 だからそうしました。
「ああっ、ご主人様」
 抜けかけたそれが、ずるっと奥まで入っていきました。彼のものを完全にお尻の中に飲み込んだのです。
 彼が悦んでいるような気がしました。
 さきほどの悦楽の余韻がまだたっぷり残っていて、わたしは体が熱くて仕方がありません。
 そうだ、このことを友香に教えなくちゃ。
 彼をお腹に入れたまま、地下室に戻りました。
「友香」
 彼女も死んだように動きません。
「これ、つけてあげるね」
 彼が最後まで鋭くしていたフック。
 夕べ、いろいろ彼が楽しんだので、乾いた血がこびりついている陰部。
 肥大したクリトリス。それを指でぎゅっとつまみました。
「ああっ」
 意識があるようです。そうでなくっちゃ。
「気持ちいいよ、きっと」
 鋭い尖端は簡単に小さな器官の根元を切り裂いていきます。
「ぐあああああ」
 そう、その叫び。
 わたしが何百回もあげたけど、友香は笑っていた。だから、わたしも笑っているのです。
 お尻の中の彼が動いたような気がしました。
「うう、感じるぅ」
 かわいくお尻を振ってしまいます。
 気づけば足はあふれ出た愛液でベタベタになっていました。
 足の指や足の裏には彼の血がついています。
 そこに友香の血も加えたい……。
 天井から下がるチェーンにフックからのびる革紐をひっかけて、ぎゅっと引っ張ってみました。
「があああっ」
 それほど動けない彼女なのに、暴れます。
「このまま引っこ抜いてしまうってこと、できるかな」
「がううううう」
 片目でわたしを睨んでいます。
「そうだ、これ、見て」
 紐を持ったまま、お尻を向けました。そして少しいきむと、彼がぬるっと外に出たはずです。どんな形状かは見えませんが、友香は見えているでしょう。
「あんたのお兄さんよ」
「ぎゅうううう!」
 泣きわめく妹。
 だけどホント、自業自得。
「まだ固いの。変よね」
 肉体がダメになっても、それで終わりじゃないかもしれないと、何度も思ったものです。苦痛が極限に達して何度も失神を繰り返すようになると、自分は自分ではなくなり、もしかしたら苦痛の消滅とともに自分もなくなるかもしれない。自分が消えていくと、きっと気持ちいいに違いないし、それを気持ちいいと感じているのは、肉体を持たない自分なのではないか。そんな気がしてしまうのです。
「友香も殺してあげるね。罪を償うの。うれしいでしょ?」
 そう、友香も彼も、彼らの親も祖父も、罪を償いたいから罪を犯しているのです。法律で罰せられないとしても、家族の手で、それとも天罰でとにかく、果てしない苦痛を受けることを期待して悪いことをし続けてきたに違いありません。
 だから、償わせることは、友香にとってはうれしいことのはず。
 パッとそのときに脳裏に素敵な光景が浮かびました。
「ここに水を入れて殺してあげようと思ったけど、それって、あなたには退屈よね。わたしは退屈だったもの。そうじゃない方法を考えてあげる」
 汚れた彼女の体をホースから冷たい水を出して洗い流してあげました。
「今年ももう終わりよ。1年って早いよね」
 だけど、わたしにとってクリスマスイブからこれまでの1週間は、永遠に終わらないのではないかと思えるほど長く感じました。
 友香もいま、それを味わっているのでしょう。
「支度できたわ」
 いろいろと準備をしていると、時間の経つのは早いものです。放置されていた友香は眠っていたようでした。
 死んでなくてよかった。死んでたら、肉体はなんの楽しみも感じないから。
 彼女の拘束を解きながら、別の拘束をしていきます。そういう道具をすべて見つけ出して、どう使えばいいのか考えたりしている時間は楽しいものでした。彼らは毎日、それを味わっていたのです。
「よいしょ」
 彼女を背負うと、最初は重かったけど、けっこう軽い感じで階段を上がっても平気でした。
 外はコートなしでは寒すぎるほど冷えていて、空は真っ青でした。
「友香、いい天気よね」
 わたしを吊して楽しんだところに、友香を吊します。窓枠に飛び乗って彼女を引き上げます。
 友香。
 胡座をかくように足を畳んで縛っています。腕は背中。頭を支えるようにベルトをつけました。そのベルトに鼻フックを取り付けて豚鼻にしてあげます。お尻にはマスターを、まんこにブラザーを突っ込んであげました。
「ちょっと裂けちゃったね。痛い?」
 風が強く、友香がなにを言っても聞こえません。舌を貫いたフック、クリトリスのフックも体を支えているチェーンに結びつけて、ちぎれるほど引っ張ってあげました。
「吊るし切りって知ってる?」
 どうせ聞こえていないでしょう。冬の楽しみ、あんこう鍋。そのあんこうを吊して身を削いでいくのだと聞いています。
「いろいろ持って来てあげたよ」
 包丁、ピーラー、ナイフなど。工具も一式持ってきました。
 ビュッと冷たい風。
「ふうっ、寒いね。凍っちゃいそうだね」
 股間からブラザーやマスターを伝って、したたり落ちている血と淫液。それを見ていて、思いつきました。
「それっ」
 友香に水をぶっかけてあげました。頭から、全身にまんべんなく。
 ガタガタと震えています。
「かわいい」
 震える彼女を触るのはおもしろい。小動物のよう。だけど、もうすぐ動かなくなる。
「手足をバラバラにするのは死んでからのほうがいいって、あんたの兄さんが言っていたから、あんたが死ぬまでは、バラバラにしないでおく」
 大きなハサミを、ボロボロになった乳房に向けました。そしてザクッと半分を切りました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★共用淫虐妻・千春★

DLSiteのみで販売しています。小説『十二階』一部、二部を改題・改稿した作品です。
十二階に住む達也に頼まれ、千春の調教を引き受ける。彼女の奥底にある危ういまでの被虐性を知り、厳しい調教を行う。さらに達也の提案でマンション全体の「共用」として千春を住人に貸し出す。特殊なペットとして改造にも踏み出す。語り手の調教役を男性にし、一部の表現を変更。ストーリーは小説『十二階』一部、二部と同じです。



★小説『十二階』第一部★
十二階第一部
DMM.R18でのみ販売中。とあるマンションで人妻を徹底調教する。千春は夫の決断で同じマンションに住む敏恵に調教を委託することになった。激しくも甘美な調教で、昼夜を問わず若妻は被虐にどっぷりと染まる。



★小説『十二階』第二部★
十二階第一部

DMM.R18でのみ販売中。調教はマンションぐるみとなり、千春には衣服もプライバシーもなくなってしまう。住人に貸し出される人妻は、さらに苛烈な運命が待っていた。



エピキュリアン1


今日のSMシーン



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

女装M雌豚肉便器ちゃんのご奉仕活動♂♀

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 露出の気分
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です