FC2ブログ

被虐の家 67 傷ついた尻をさらに

前回はこちらへ

「番号は回数ってことだよね」
「姿勢を決めて、次に回数を決めて、最後に道具を決めるわけだな」
「試しにやってみようか」
「当人に回させるのがいいね」
 桃江が呼ばれ、円盤を回させる。時計でいえば12時のところに薄い金属の針があり、カチカチカチと音を立て、円盤の勢いがなくなると確実に停止する。
「寝て足をVに」
 誰かが読み上げる。
「もう1回」
 桃江は再び円盤を回す。
「20」
 そしてさらに回す。
「パドル大」
 すかさず男が「これだろ、パドル大」と持って来る。団扇よりも大きなパドルには、頑丈な柄がついている。打面は、ゴムで覆われ、金属の鋲が植え込まれていた。
 パドル大とパドル鋲の違いは、鋲の数と大きさだけだ。パドル大は一面に短い鋲が埋め込まれている。パドル鋲は、針のように尖った大きな鋲が8本ほど植えられている。
 男たちにどういう決まりがあるのか、淵野にはわからない。しかし乱れることもなく、最初にパドルを使う者は決まっているようだ。
 桃江にマットに仰向けに寝かせ、足をVの字に上げさせる。
「20発だからな。どこを狙おうかな」
 その鋲の感触を自分の平手を軽く叩きながら確かめると、「最初はここだよね」と、寝ていてもなお大きく膨らんでいる乳房の横にしゃがみ込む。
 パドルを軽く置くと、左の乳房が完全に隠れてしまう。
「こうかな」
 振り上げて打ち下ろすかっこうを、素振りのようにやってみる。
 誰も止めない。
 バチンっと肉の弾ける音がした。
 桃江はその痛みに向こう側へ横向きになってしまう。
「バカだな。姿勢を崩したら、回数に入らないんだよ。指定された格好をし続けなくちゃ」
 それは残酷なルールだった。
 急所を打てば、逃げる。反射的な行動だ。
「もう一度」
 同じ左の乳房に打ち下ろす。
「あっ」
 我慢できずに、足が閉じてしまう。
「縛って……。お願いですから。縛ってください」
 桃江は涙を流して懇願する。
「どうしよう。縛る?」
「足を吊せばいいんじゃないか」
 真知子も介入せずに静観している。淵野にはわからないが、真知子はこの顔を隠した男たちを信頼する理由があるようだ。
 男たちは、真知子の許可を求めることもせず、桃江の足首に枷をはめると、天井から下がっているフックに縄をかけて枷を吊り上げた。片足ずつ別々に吊り、尻がマットから浮き上がる。
「逆さ吊りにしたいけど……」
「一応、ルールだから」
 彼らは盤面のイラストにこだわって、そのまま吊るようなことはしない。
「手を頭の後ろに」
「はい」
 涙ぐむ桃江はけなげに命令に従い、自ら手を枕のように頭の後ろで組む。
「じゃあ、いくよ」
「ぎゃん!」
 力はほとんど入れていない。振り下ろしたパドルの重さだけで、乳房を打ち据える。
 左の乳房を5発、右の乳房を5発。そこで男は交代する。
「おれは、こっちだな」
 伸びきった足をかかえるようにして、尻と腿の付け根あたりに打ち下ろす。
「ひっ!」
 その男は勢いに任せるのではなく、しっかり腕を振って勢いをつけた。打擲の音は数倍にもなり、それだけで痣がしっかりと浮き上がった。
「どうだ、痛いか」
「痛いぃぃぃ」
 さまざまな苦行に泣かされてきた桃江。ストレートな暴力に、我を忘れて泣いている。
「もっと痛いぞ」
 傷ついた尻をさらにぶちのめす。
 左の尻が終われば、次は右だ。
「ちょっと物足りないけど、おもしろかった」
 男は満足してビールを飲む。
 真知子と淵野は傷ついた桃江の足を自由にしてやる。
「次は千絵だ」
「はい」
 小柄な娘が盤を回す。
「ブリッジ」
 ただでさえ苦しそうな姿勢が当たった。
「×2」
 無頓着に回したせいだろうか。
「35」
「つまり、70発ってことだ」
 最初は無邪気に微笑んでいた千絵も、さすがに70発と聞くと、膝が震え出す。桃江はわずか20発であれだけのダメージだったのだ。
「さあ、もう一度、回して道具を選べ」
 青ざめた妹が、力なく回すと、「パドル大」をすぎ、「パドル鋲」をすぎ、「竹刀」で止まった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★『亜由美 降臨編』★
ayumi07-100.jpg

アマゾンへはこちらへ
DLSiteはこちらへ
DMMはこちらへ
亜由美シリーズ完結編。『一部~三部』『灼熱編』を経た亜由美が帰国。武器を身につけた彼女の復讐がはじまる。『安里咲1、2』の後日談と一体化したストーリーは最後まで目を離すことができない展開です。亜由美と安里咲の有終の美をお楽しみください。


★『亜由美 灼熱編』★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
亜由美のその後を追う「外伝」。亜由美が自ら語るパルダ王国へ性奴隷として留学させられた日々。拷問調教での傷を癒すため貨物船に乗せられ、種付けされながら王国へ。そこで待ち受けていたものは……。連載時にはなかったエンディング。


エピキュリアン1


今日のSMシーン
引き裂きアナル拷姦 神BEST

樹花凜(七咲楓花)

2,800円~





テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

女装M雌豚肉便器ちゃんのご奉仕活動♂♀

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 露出の気分
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です