FC2ブログ

グランドSM 7 体重をかけて強く突いた

前回はこちらへ

 久美の性器はあまりにも小さく固い。長年慣れていた妻のそこの柔らかさ、広がりと比べると心配になるほどだ。
 しかし、そこを指でなぞって、久美がキャーキャーと声をあげている間に、私の股間もすっかり硬くなっていた。
 孫と契りを交わす。
 人としては絶対にやってはいけないこと。
 だから、やる。
 それが私の生き方だ。妄執と笑えばいい。あれだけ私を嫌っていた息子もまた私と同じようなことを妻の貴子にしていたのだ。それがジワジワと喜びとなり、どす黒い炎となる。
 久美にとって、はじめて見る男の下半身を老いたこの身でいいのかどうか。
 下着を脱ぎ、久美に下半身を見せる。妻とは慣れ親しんで、お互いに少しずつ年を重ねてきたからどうということもなかったが……。
 いまの自分では、その角度も午後3時ぐらいがいいところだが、がんばって真横に突き出している肉棒を角度を誤魔化すためにぶるんぶるんと揺さぶりながら、孫の顔に突きつける。
「これが、おまえの中に入る」
 返事はない。目を大きく開いてはいるものの、驚いているというよりは、ぼんやりとしている。次々と襲ってくる強い刺激に自分を見失っているのかもしれない。
 鼻をつまむ。
「はああっ」
 口を開く。そこに尖端をつける。
 久美の現実が戻って来た。目の光りでわかる。なにも言わないのに大きく口を開いた。
「いい覚悟だ」
 慎重に進めた。まずは久美が舌で迎えにくるまで待つ。
 年をとってから、待つのが苦ではなくなった。この状態で明日まで我慢できるぐらいだ。いや、それは言い過ぎだが。
 まあ、刺激がなければ5分と立たず、だ。返す返すも亡くなる近くまで、私の欲望に応え続けてくれた妻のことを女神のように思える。彼女がいなければ、私はおそらく社会的に間違った存在になっていただろう。この家も財産もなく、路頭を迷っていただろう。もちろん、孫とこんな破廉恥な行為に及ぶこともなかったわけだが。
 舌先がほんの少し、亀頭を舐めた。
「そうだ。いいぞ」
 褒めて伸ばす。舌が伸びる。
 下手。下手が上手を超えるときがある。初回というなにものにも換えがたい瞬間だ。久美ははじめて男のものを舐めた。愛撫した。
 しばらくそうしてから中へ。温かい。
 この感触は久しぶりだ。久美から甘い香りが湯気のように立ちのぼる。
「ぷふっ」
 むせる。鼻をつまんだままだから。歯が肉茎に当たる。
 体を引いて、またビンタ。鼻に詰めていたティッシュが吹っ飛ぶ。
「なにがあっても、噛むんじゃない。いいな」
 鼻を強くつまんでグリグリといじめる。
「ううう、わかった、わかったから……」
「なんだって?」
「痛いっ。わかりました、わかりました……」
 涙目の久美。
「もう一度最初からだ」
 鼻をつまむ。鼻血は止まっているようだ。
 舌で迎え、一緒に中へ入り、奥へと蹂躙する。これから死ぬまで何百回とやるであろうフェラチオの最初の一歩。
「むふっ」
 むせてはいるが、噛まずに我慢できた。
「よーし。できたね」と褒める。
 しばらく口内で遊んでから引き抜く。
「はあああああ」
 息ができなかったのだから。
 しばらく口で息をさせておく。
 そして鼻を自由にし、肉棒をその鼻に押しつける。
「おまえの唾液と私のニオイが混じっている。これが好きでたまらなくなる」
 異臭に顔をしかめているが、叩かれて腫れた頬に亀頭を擦りつけ、涙をぬぐって目に押しつける。
「はううう」
「そろそろ、入れてやろう。もう一度、お願いしてごらん」
「セックス、してください。お願いです!」
 彼女は叫んだ。
 縛られ、身動きできない姿にされ、涙と汗と淫汁を流し、痛みとこれからの快楽への期待にはち切れそうになっている。
 私は指で彼女の陰部を撫で、今度は手の平で揉む。しっかり温まっている。柔らかな餅を連想させる感触。
 女のニオイがぷーんと鼻をついた。あえて風呂に入れず、学校から帰ったそのままの肉体にしたのは正解だった。いまこの瞬間の久美を奪いたいのだ。
 開き切った彼女の陰部を眺めてじらしながら、亀頭をそこにあてた。
 そして乳首に唇をあてながら、挿入を試みた。
「ううううう」
 逃げようにも逃げられない。閉じようにも閉じられない。
 どれだけの苦痛かは男にはわからない。妻との最初のことは覚えているとはいえ、状況とか些末なことばかりで、こんな具体的な肉感では覚えていない。その後数え切れないほどセックスをしてきたので、曖昧になっている。
 それにしても、これほどきついか。
 思わず下半身を見るが、先が入っただけだ。
 これはもっと気持ちを入れて腰を使わなければ。年齢を重ね、要領を知りすぎるほど知ってしまった妻との情交とはまるで違う。
 だから興奮した。いきり立つ肉棒。入りたいか。だがもう少し我慢だ。
 体重をかけて強く突いた。
「あっ」
 あとで記録を見たら、確かに久美はそのとき「あっ」と小さく声を上げた。
 私の鼻息と乳首を舐め回す音の方が大きいぐらいだった。久美は確かになにかを感じたはずだ。初体験。
「痛いか?」
 あえて聞いてみるが返事はない。
「入ったぞ」
 静かな破瓜だった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★小説『堕ちる』特別編★
堕ちる1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
Kindle版はこちらへ

OLが自虐の果てに見たものとは? ブログ連載を加筆修正の上、未公開の原稿を追加しました。主人公は壮絶な自虐癖から拷問ののちに人間ですらなくなっていく……。



★小説『堕ちる』Part2 シークレット・バージョン★
堕ちる2

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
OLが拷問地獄に堕ちる『堕ちる』の別バージョン(「小説『堕ちる』特別編」の続編ではありません)。初出時にあまりの描写に小説掲示板から削除されてしまった部分などを復活。お読みになる前に「体験版」などにある「ご注意」をご確認ください。


エピキュリアン1

今日のSMシーン



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

女装M雌豚肉便器ちゃんのご奉仕活動♂♀

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 露出の気分
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です