FC2ブログ

隣の肉便器さん 2 素敵よね、燃えちゃう、わたし

前回はこちらへ

 美希に「カバ」と言われて笑われた男に、翌朝、出会った。
 日曜日の朝。9月の空はまだ夏のようで、晴れ渡って気温はかなり高くなっていた。
「台風が来ますかな」
 野太い声を背後から受けて、ビクッとした。
 それが館川修だった。大きな体が共鳴するからか、360度スピーカーのように全方位的に彼の声は響く。
 メールボックスからいつの間にか大量に入れられていたチラシを取り出し、その間に重要な郵便などが混ざっていないかよりわけていたところだった。
 細長い郵便受けの並んだ空間は行き止まりで、その出入口を大きな影に塞がれた。
「いま、終わりますから」
「いえ、ゆっくりやってください」
 そう言うと彼はロビーへ歩いていった。
 最近のマンションにしては地味なロビーで、植栽もなければソファーなどもなく、ただエレベーターを待つだけにしては広すぎる。そこを彼が歩いているのだが、彼がいるとそれほど広いとも感じない。
 僕は急いで仕分けし、不要なチラシを集めている箱にガサッと突っ込み、結局必要そうなものは、妻宛に届いた美容品通販のセールのお知らせぐらいだったので、ロビーに出た。
「終わりました」
「ああ、すみません」
 彼は急ぐわけでもなく、鷹揚に動き出すのだが、1歩がそもそも大きいのであっと言う間に狭い空間に入り込む。機敏だ。分厚い体もちゃんと入る。ただ彼のメールボックスは下の段で、屈むときに窮屈そうだった。
 カチャッと開いたボックスの扉と比べると、彼の顔は大きい。
 エレベーターが降りてきたので、そのまま乗ろうとしたときだ。
「三橋さん」
 声がかかった。
「はい」
 彼の言葉はなにげなく、だが、人を従わせる響きが備わっていた。
 そういう人間になりたいと思ったけど、僕はムリ。
「先日、奥様にお会いしました」
「そうですか」
 いや、そこは「だそうですね」とすべきだったけど。なんだか少し戸惑ってしまった。
「お聞きになっていませんでしたか?」
「なんでしょう」
「お見受けしたところ、うちのと同じぐらいの世代ですよね。私らちょっと年が離れてましてね。うちのやつも、あなたたちのような同世代の方と仲良くなりたいって言うものですから」
「はあ」
 大きさと怪異な顔つきに目がいき、改めて彼はひと回り、いやふた回りは世代が上かもしれないと気づく。
「私、これでも店を都内にいくつか持っていましてね」
 僕に近づいてきた。一緒にエレベーターに乗ることになる。彼は仕分けはせず、チラシもなにもすべてをそのグローブのような手で握りしめていた。
「三橋さんご夫婦を招待したいと思っているんですわ」
 妙な関西弁風のしゃべり方。だが、関西人ではなさそう。商売に役立つ話法なのだろうか。
「はあ」
 そんなこと、美希はなにも言わなかった。
「急なんですが、今日、お時間ありませんか? 日曜日も夜は店も暇なんで、いい席をご用意できるので」

 いい席もなにも、僕も美希も、半円形の革張りのソファーに固くなって座っていた。
 六本木の坂の途中にある店は、地下とは思えない空間だった。
「ヤバイんじゃないの?」と美希が囁く。
「ヤバイかな」
 館川という男はヤクザかもしれない。ヤクザではないとしても、ヤバイ人かもしれない。この店ではなにかしら、ヤバイことが起こるんじゃないか。
 小さいながらも円形のステージがあり、それを囲むようにソファーが並ぶ。ただし、ホステスなど横に座るような女性はいない。店員は若い男性で黒い蝶ネクタイをし、よく見るとアジア系の外国人だった。
「いやあ、すんません、すんません。ちょっと店長と打ち合わせしとったものだから」
 館川とその奥さんがやってきた。館川はその巨体にオーダーしたにちがいないカッターシャツで襟元を大きく開いて、胸毛の存在をちらつかせている。サスペンダーでズボンを吊っていた。
 奥さんは、シャンパン色のキラキラとした裾の長いドレスに、ブランド物のバッグを抱えている。胸の谷間からスリットが腹部近くまで細く入っていて、そこに手を入れたら枝豆のように簡単にオッパイが飛び出しそうだ。
 美希の向こうに館川が、僕の横に彼女が座り、挟まれてしまった。
 店員がドンペリを持ってきて上品に音を立てて栓をぬくと、グラスに注ぐ。いかがわしい店というよりは、ホテル的なサービスだった。
「では、これもなにかの縁ですから、よろしゅうお願い申し上げます」
 どんどん勝手に進んでいく。
 テーブルにオードブルが並ぶ。シュリンプカクテル、伊勢エビの刺身、ローストビーフ、スモークサーモン。このあたりもホテルっぽい。
「まあ、すごいわ!」
 美希ははしゃぐ。
 よくこの場で楽しめるな、と僕は感心する。
「いただきましょうよ」
 ある意味の過剰適応。彼らがそのほうが喜ぶだろうと計算して美希はテンションを上げているのだろうか。
 そもそも館川夫妻から誘いがあったことを美希は言わなかった。それでいて僕が尋ねると「行きましょうよ」と積極的だった。
 なんだろうな。こういう世界に憧れでもあるのだろうか。もっとも美希は栃木県宇都宮で生まれ育ったものの、お嬢様育ちで、僕と出会ったときから好奇心旺盛の世間知らずではあったけど。
 だから僕は結婚できたし。
 彼女は僕が勤めているIT系のベンチャー企業について事業内容をまるで知らずに気に入り、僕が広報の地味な仕事をしていると知ると、勝手に広報はいい仕事だと勘違いし自分も別の会社の広報でバイトをはじめたぐらいの子だ。
「サッカー観戦」と美希が怪人、いや館川に答えていた。
 それで出会い、いまも共通の趣味。広報にいると、チケットが入りやすい。ただし、特定のチームの試合とはいかないので、僕たちは贔屓のチームを刻々と変えてしまうトンデモなファンである。
「うちの会社はスポンサーとかはやっていないんですけど、たまにお付き合いでチケットが流れてくることがあって……」
「埼玉や横浜や味の素とか、見に行くんですよお」と美希。
「サッカーは雨でもやるから大変よね」と館川妻。
「そう、雨、けっこう降られるよね、私たち」
 だから、それがきっかけで付き合ったんだってば。
 美希はいわゆる隠れ巨乳で、濡れることではじめてそれに気づき、僕はそこから猛烈にアタックし続けたのだ。
「はじまりますよ」
 館川が告げると、店内は少し暗くなる。ステージにスポット。そこに鏡のように光るポールがある。
 音楽が激しく鳴り響き、半裸の美しい女性が飛び出してくる。
 拍手。
 客が少ないけど、そもそも音楽が大きいのでどうせステージには届かない。
 外国の女性のように目鼻立ちのくっきりした筋肉質の女性は、ポールダンスをはじめた。
 そのステージの間、僕たちは無言だったが、なぜか館川妻の手が僕の太ももにあった。
 わざとらしく振り払うなんてことは社交的にもできないし。だからといって積極的にその手を握るってこともしにくいし。
「素敵よね、燃えちゃう、わたし」
 まさか館川妻が僕の耳にそう囁くなんてことがあるとは信じられないし、彼女がぼくの腕に乳房を押しつけてきたりするから、めちゃヤバイ。
 隣に奥さんがいるのに浮気するってあり?


小説(官能小説) ブログランキングへ

★共用淫虐妻・千春★

DLSiteのみで販売しています。小説『十二階』一部、二部を改題・改稿した作品です。
十二階に住む達也に頼まれ、千春の調教を引き受ける。彼女の奥底にある危ういまでの被虐性を知り、厳しい調教を行う。さらに達也の提案でマンション全体の「共用」として千春を住人に貸し出す。特殊なペットとして改造にも踏み出す。語り手の調教役を男性にし、一部の表現を変更。ストーリーは小説『十二階』一部、二部と同じです。



★小説『十二階』第一部★
十二階第一部
DMM.R18でのみ販売中。とあるマンションで人妻を徹底調教する。千春は夫の決断で同じマンションに住む敏恵に調教を委託することになった。激しくも甘美な調教で、昼夜を問わず若妻は被虐にどっぷりと染まる。



★小説『十二階』第二部★
十二階第一部

DMM.R18でのみ販売中。調教はマンションぐるみとなり、千春には衣服もプライバシーもなくなってしまう。住人に貸し出される人妻は、さらに苛烈な運命が待っていた。



エピキュリアン1


今日のSMシーン




テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

女装M雌豚肉便器ちゃんのご奉仕活動♂♀

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 露出の気分
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です