FC2ブログ

グランドSM 15 毒々しいピンクのリモコン

前回はこちらへ

 ホコリっぽい一室。古い大きな金庫が目立つ。中はからっぽだ。
「せいぜい、掃除してもこの程度です」と秘書の坂田。自分のせいではない、という表情は相変わらずだ。
「いいんじゃないかな」
「ここでなにを?」
「別に。なんだっていいさ。アウトソーシング系の仕事の一部をここでやらせればいい」
「二宮専務の管轄ですよ、すでにいくつも別会社があるし。派遣会社もあるし……」
「わかってる。期間限定だ。年度内に閉めるんだから、帳簿にもなにも残らないだろう」
 清掃費用は私のポケットマネーだ。
「さっぱり意味がわかりませんよ」
 取り壊しがはじまりそうな再開発地区。その片隅に残っていたビルの4階を坂田は社内の書類から見つけ出していた。この不動産、社の名義になっている。オーナーは二宮専務の取り仕切る子会社のものだ。再開発に噛むためには最後まで権利を放棄しないつもりで放置されている。
「なんでもいいじゃないか。そうだな、業務プロセスを見直すためのテストとか、なんとか……」
 べったりとグレイのペンキを塗られた鉄のドア。コンコンとノックされた。網の入ったガラス窓に人影が映る。
 坂田はさっとドアを開けた。
 貴子が立っていた。紺のスーツ。タイトなスカート。すらりとした足。化粧もしっかりと。
 坂田は怪訝そうな表情で私を見る。
「彼女に勤務してもらう。午後だけだ。1時から7時まで。彼女にできる仕事を回してやってくれ」
「そういうことですか」
「勘違いするなよ。うちの嫁だ」
 息子が亡くなったことはもちろん知っている。葬儀を手伝ってくれた。貴子を覚えているはずだが、キョトンとしている。
「もちろん、裏金作りとかそういうことでもないんだ」
「どういうことなんですか」
「あとで話す」
 坂田は貴子の色気に動揺するだろうか。観察したものの、まったく変化はない。冷たい血が流れている男だ。
 少しは熱くなれ。無線ローターのスイッチを入れた。もちろんアヌスに入っている。
 香水などをつけさせなかった。
 湯上がりの女の肌の匂いがする。そして、ローターが貴子の体内をかき回し、さらにいやらしいニオイを発散することになるだろう。
 心なしか、無表情な若者の鼻孔が開いたような気がした。
 記憶にあるだろう、このニオイ。そう、おまえが森川常務の娘と付き合っているのは知っている。モデル事務所に所属していたこともあるほどの美女だ。パーティーなど催し物に毎回呼ばれて、社内で知らない者はいない。
 頭でっかちの堅物男も、彼女と付き合っていることで、ようやく社内に知られるようになってきた。
 どこまで進んでいるのか。どれだけ肉体関係を重ねているのか。
 もし楽しい時間をたっぷり過ごしているのなら、このニオイ、わかるだろう。
「今日からここが職場だ」
 出退勤はパソコンで管理する。パソコンだけではなく、室内にもカメラを設置してある。
 もっとも、どちらも社のシステムにはつながっていない。私のスマホにつながっている。
 ここも、ある意味のお仕置き部屋なのだ。
「悪いが、君にときどき、チェックをしてほしい」
「チェック、と申しますと?」
「サボっていないか。ちゃんとやっているか。そういうことだ」
 監視をどれぐらいしているか、坂田は知らない。掃除業者の手配と仕上がりの確認はしたが、隠しカメラを見つけたりはしていないだろう。彼の姿をカメラで確認しているが、気づいた様子はなかった。
 周到さは私の性格なのだ。
 たとえば家の改築。風呂場と書斎には、存分に妻を吊せるだけの設備がある。SMプレイのために設計したわけではない。そんなウワサさえ立てたくはないのだ。
 最初は、家の半分を研究室として設計させた。機械、とくに私の好きなエンジンなど鋳物も扱うと説明し、床から鉄骨の梁まで頑丈に作らせておいて、途中で設計変更だ。近隣から危険な研究をするのではないかとウワサが起きたので、とりあえず中止したと。
 途中まで出来上がっているのでもったいないから、格好は悪いが、鉄骨の剥き出しの梁はそのままに、壁で小さく仕切り、片方は書斎に、片方は浴室にしたのだ。浴室の鉄骨はウレタンを塗布するなどして耐水性を高めた。
 吊るためのフックなどは私が自分で取り付けた。もともと、それ用の加工を鉄骨にはしていたのだから、簡単なことだった。
 このオフィスも、あくまでテストで使おうとしたが、結局はやめたと言えばすむ話。社で正式に貴子を雇ったわけではないし。
 アウトソーシング、つまり社外に出していた仕事の一部をテスト的にここでやってみるだけのことだ。できるだけつまらない単純作業をやらせるつもりだ。
「はああ」
 貴子がため息をつく。
「どうした。気分でも悪いのか?」
「空気が悪いのかも」と坂田は窓を開ける。都会の騒音と汚い空気が入ってくる。4階建てのビルは、このあたりでもほとんど建て替えられて高層化している。そこまで再開発が迫っているのだ。北側は古い家並みが広がるのだが、こっちからは見えない。
 いまどきオフィスで窓を開けるなんて、と思いつつ。妙に昔懐かしい雰囲気に心が躍った。
 昭和の会社、昭和のOL。昭和のSM。
 ピンク映画のような色調を思い描く。妻を映画館に連れ込み、そこで恥ずかしい行為をしたものだ。他人に秘部まで見せたこともあった。その様子を当時は高かった赤外線のビデオカメラで撮影し、そこからプリントした写真をSM雑誌に投稿させたこともあった。
 身元がバレないように、私書箱を使い、妻にやらせた。プリントも最初から顔に目線やボカシを入れておいた。これがその頃はなかなか面倒だったと記憶している。
 出版社はおもしろがって、カネを払うので妻を貸し出して欲しいと言って来た。さすがに丁重にお断りした。金銭も受け取らなかった。
 私と妻にとっては、そうした行為もすべてひっくるめてのプレイだった。
 楽しかった。
 なにもかも忘れて夢中になれた──。
 バカバカしい。思い出にふけっている場合ではない。目の前に美しい貴子が、お尻をもじもじさせて、瞳を潤ませているというのに。
 貴子に「わかってるな」と目配せし、坂田がスマホに出て窓の外を眺めながら話をしている間に、ローターのリモコンを貴子のトートバッグに入れた。
「では、よろしく」
 私はいったん、仕事があると、子会社の次期社長候補の男たちと昼食をとりに出てしまう。その間は貴子と坂田の問題だ。
 うまくいってもいかなくても、貴子にはお仕置きが待っている。
 若くて快活で積極的な3人の男たちと、イタリアンの昼食をしている間も、私はスマホをチェックしていた。あとで録画した画像で声も確認したが、なかなかの見物だった。そして驚きだった。
「お久しぶりです、貴子さん」と声をかけたのは坂田だったのだ。通夜、葬儀と手伝った坂田と貴子は、言葉を交わすことも多かったはず。その読みは外れてはいなかった。
 一通り、夫を亡くした女と、仕事として手伝いに駆り出された男の社交辞令がすむと、貴子はまたため息をつき、トートバックの中身を机の上にバラ撒いた。
「どうしたんです」と坂田が驚く。
「リモコンが……」
 化粧ポーチや彼女のスマホ、お昼にと買わせておいたサンドイッチ、自宅から持ってこさせたコーヒーの入ったポット、ハンカチなどの間から、毒々しいピンクのリモコンが現れた。
 貴子は自分でそのスイッチを切り、「ふー」と息をついた。
「なんですか、それは」
「リモコンです」
 貴子には坂田の疑問には正直に答えろと命じている。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★便所虫の歌★


DLSiteはこちら
DMMはこちら
アマゾンKindleはこちら
週末にマリカとして苦痛を求めてさまようOL。掲示板で出会う相手の要求のままに、激しい苦痛にもだえ苦しむ。その間の記憶は失われ月曜には勤務先に出社する。そこに別のマリカが挑戦してきた……。どちらがホンモノか決着をつけることに。負ければ永久便器となる。



★折檻部屋の風夏★
fuuka100100.jpg

DLSiteはこちら
DMMはこちら
アマゾンKindleはこちら
父母を香港のゴミ焼却所で惨殺された風夏は、大金持ちから一転して逃げ回る生活に。最後に学生時代の女友達を思い出して訪ねる。卒業前に奴隷になると誓っていたのだ。だが女友達は風夏に過酷な指令を出し続ける。ノワール風味の漂う作品。



エピキュリアン1

今日のSMシーン



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

女装M雌豚肉便器ちゃんのご奉仕活動♂♀

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 恥辱まみれ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です