FC2ブログ

グランドSM 30 がまんできなくなったら、そう言っていいよ

前回はこちらへ

 顔を覆っている腕がプルプルと震えている。
 4発目は尻。
「ぐうう」
 膝が曲がる。それでもすぐしっかりと伸ばした。
 さらに角度を変えた。
「ぎゃううう」
 一歩、下がった。
 内腿。鼠径部に当たり損ねた。尖端だけ当たったようで、小さな赤い跡が浮かぶ。
 しっかり当たった部分には擦過傷を含め黒い筋も残る。
 彼女の期待にこたえ、6発目からまた同じところを狙う。太もも、乳房、背中、尻、鼠径部。
「これぐらいじゃ、物足りないだろう。腕をおろしていいぞ」
「はい」
 おそるおそる腕を下げた。
 現れた彼女は涙をいっぱい流し、苦悶していた。
「いい顔だ」
 唇が震え、歯が少し見えている。奥歯をしっかり噛みしめている。そうしなければ逃げ出すか、叫び出すか、その両方をしてしまう。
 耐えている彼女の姿はけなげなだが、それだけではない。彼女は苦痛を求めている。私がどれだけのものを与えるのか、期待しながら待っている。
「鞭を変えよう。どれがいいかな」
 ここに持ち込んだ道具は多くはない。虎穴会に私からのメッセージをはっきり示すためにも貴子の体にはちゃんと刻んでおかなければ。
 私は長い乗馬鞭を手にした。分厚い馬の皮膚にきっちりと合図を送るために作られた。人間の薄い皮膚には強すぎる。ラッシュと呼ばれる尖端部分はいくつかの形状があるが、いま持っているものはイチョウの葉のような形状だ。グリップは美しく編み込まれ、スワロフスキーまであしらわれている。
 プレイ用の乗馬鞭ではなく、馬用のものだ。
「これはわかるね?」
「はい」
「ちょっと、これを使ってみようか」
「お、お願いします」
「がまんできなくなったら、そう言っていいよ」
「わかりました」
「じゃあ、手を頭の後ろに組むんだ」
 がまんできないとしても、許されるわけではない。貴子はわかっている。
 私のような人間に泣きついたり許しを乞えば、別の形の痛みに変わるだけなのだと。
「きれいに腫れているからお尻からやってみよう」
 1メートルほどの長鞭。少し離れて構えて尻にビシッとラッシュを打ち込む。カーボンのシャフトがいい感じで、手応えがある。
 確実に当てたい場所に当たる。
「んんん、くううぅう」
 最初はヒンヤリとした感触だと言う人もいる。そこからギュッと濃色された痛みが駆け巡る。
「ぎいいい」
 余韻が残っている間に左右の尻を3発ずつ打ち据えた。
「はあっ、はあっ」
 貴子は味わっている。極上の痛みを。
「次はここだ」
 乳房の脇を背後から狙い打つ。
「ふあああああ」
 狂ったように泣きはじめ、ガクガクと体を震わせているが、姿勢は保っている。
 ハートのような赤いあとが浮き上がる。左右を3発ずつ。
「最後はここだな」
 鞭の先で下腹を示す。
「はあああああ」
 身もだえている。蓄積された行き場のない痛みに貴子は熱くなっている。なにかを訴えるような目をして私を見るが、ギブアップはしない。
「じゃあ軽く」
 ピタッと軽く打つ。
「ぐう」
 何発か軽く当てていくぐらいでは、彼女は吠えない。
 だから力を加えた。
「がうううううう」
 しゃがみ込み、泣き叫ぶ。
 陰部には明瞭な痕はつかないが、腫れていく。下から上へ打つので少し力も弱いかもしれない。
 3発、できるだけしっかりと打ち込んであげた。
 チャイムが鳴った。
「お客さんだ。出ろ」
「はい」
 涙をふきながらドアホンに出る。
「本山です。少し早かったですか?」
 貴子は私を見つめる。
「上がってもらいなさい」
 いま受けた打撃以上の恐怖を貴子は味わっている。いよいよ虎穴会がここに来る。
「窓のところで、きをつけをしているんだ」
 コンコンとノックがしてドアが開く。思ったより早い。階段を駆け上がってきたのだろうか。
 見れば、若い男がひとり、立っていた。
 スポーツマンのように日に焼けて黒っぽい清潔そうな上下に白いブランドのスニーカーだ。リュックを肩からおろし、「はじめまして、本山です」とハキハキと言う。
「すみません、来ていただいて」
「いえ、それよりも、あれ、貴子さんですね?」
「ええ」
 オフィスなのに机の上には一本鞭や乗馬鞭がある。



★堕ちる AとV 1★

kindle版はこちらへ
DMM版はこちらへ
DLSiteはこちらへ
水絵は拒絶しながらも体は求めてしまう。被虐世界に流されていくOL。発端はAV出演疑惑。同僚たちに裸にされて比較され、やがて同僚たちの嗜虐性に火をつけてしまう。奴隷として私物を没収され、野外露出、浣腸、拡張、種付けとエスカレートしていく。


★乱舞★
ranbuTitle100100





DMM.R18版はこちらへ
DLSiteはこちらへ
アマゾンkindleはこちらへ
その恋は危険な世界への扉だった……。勤務先のエレベーターで見初めた彼女は、とあるバーでアルバイトをしていた。彼女を雇うことにし、同時にオフィスでの調教をはじめる。自分の求めた女なのかを確かめるように、過酷な責めを課していく。やがて取引先の接待要員に使うことに。果たしてSMと純愛は両立するのか。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
あなた、本当の私を見て下さい… 夫のいない自宅で爆乳妻と緊縛調教ナマ中出し性交 三島奈津子
あなた、本当の私を見て下さい… 夫のいない自宅で爆乳妻と緊縛調教ナマ中出し性交 三島奈津子


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

M男の人間便器動画

熟女M男文字コラ@五十路熟女シングルマザーセリフ付きエロ画像

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から



Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

刺若忘備録

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 恥辱まみれ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。




「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。



ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です